何故夫は有名人の不倫スキャンダルに対する世の中のバッシングを知っても不倫をするのか?part2

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

前回のblogで
夫や不倫女は
有名人の不倫報道などを
日頃、見聞きしていても

私達とは
まったくもって
捉え方が
違うことを
お伝えしました

夫は
軽はずみな気持ちで
不倫を始めたものの

不倫女に
見事に洗脳されて

どんどん
家庭を顧みなくなり
自分が守るべき存在の
妻と子供を精神的に苦しめたり
貧困に追い込んでいくなど

夫と不倫女の不倫は
個人の問題ではなく

社会の問題として捉えるべきだ

ということを
しっかりと自覚して
妻として
この先
どうプライドを出し
行動していくべきかを
書きました

少なくとも
不倫前は
道徳心や倫理観があると
思っていた
夫だったのに

本人も内心では
不倫はいけない事と
分かっていながらも
どっぷり不倫にハマるのは何故なのか?

間違いなく
不倫女の存在が
一番の原因ではありますが

今回は
不倫する夫の心理を
更に深く理解した上で

自分がこの不倫問題で
気付かなければいけない
一番重要なことは何か?
を、考えていきたいと思います

私が独身の
OⅬだった時代の
記憶を思い返すと

上司と部下の間で
頻繁にこのような
会話があったことを
思い出します

『〇〇も早く嫁を貰って落ち着けよ
結婚したら社会人としてやっと一人前だからな』

『〇〇も早く身を固めないと出世に響くぞ!』

『取引先への印象も結婚していると安心され
信頼感も得やすくなって仕事がしやすくなるぞ』

と、このように
世の中の考えが
男性陣に対して

『男は結婚をすることで
社会人としても、男としても
やっと一人前として認められる』

というような世の中の
風潮があるので
(昔と今は時代が違い多少違うかもしれませんが…)

男性は

『世の中に一人前の男として認められたい』

そのような思いも
結婚を決心する
一つの大きな理由になるのです

もちろん
夫も結婚を決意するのは
自分の愛する人と
家庭を持つ喜びがあってこそですが

幼い頃から
今に至るまでの
内に潜む
男性特有の心理が

結婚する際にも
結婚後も
大いに影響することを
あなたは
理解しておかないといけません

小さい頃から
男は男らしく
と、ずっと意識させられて
育つなかで
思考も確立していき

男としてつまらない奴
と思われたくない

格好付けて見栄を張りたい

競争意識があり勝ち負けで判断するから
常に一番でありたい

常に世間に認められたい

常に褒められたい

ヒーローになりたい

そのような思いを
少年時代と変わらず
大人になっても
ずっと強く胸の内では
持ち続けるわけです

女性は結婚が

安定の始まりになりますが

男性は結婚が

一家の主としての
責任の始まりになります

男だからと
責任や期待や競争を
背負わされて

これから家庭を持ち
男としてしっかりと
仕事でも家庭でも

結果を出そうと
必要以上に意識し
頑張りすぎるあまり

自分で自分に
負荷をかけ過ぎて
ストレスをため込んでいたり

自分が望む
結果を出せそうにない
と思うばかりに
自己防衛が働き

何か物事をやる前から
嘘の言い訳、逃げ道を
用意するという
生き癖がついてしまったり

自分は一家の主だから
家族に対しては
絶対に弱さを見せたくない

頼りない夫、父親と
思われたくないという気持ちが

誤った方向に
エスカレートする男性もいて

『俺がおまえたちを養ってやっている』

と、ややもすると
夫婦は対等であるはずなのに
妻を見下すことで
自分の心のバランスを保つ
ような夫になってしまう人も多いのです

自分の弱さを認める
本当の強さを持っていて

妻や信頼できる友人に
必要な時は
自分の弱さを素直に話せ
そこからまた
前向きに頑張ろうと
気持ちを切り替えたり

健全な趣味を持っていたり

自分自身で正確に
今の自分の実力で
頑張れる限界を定めて

それ以上を超えた場合は
自身の強い意志で止まる、休むなど
自分を大切にする勇気を
持っているならいいのですが

不倫をしてしまうような夫は
誤った男気を持っている
厄介な人が多く

社会的成功を目指し
今よりももっと
地位と名誉を得て
第一線で仕事を頑張っていこうと
意欲的な夫も

仕事での成功に敗れ
目標を失い
仕事においての
この先の自分の夢が持てず
ただただ毎日
淡々と生活の為に
働いている夫も

どちらの夫も
仕事で追い詰められた時など
日々の様々な
自分に降り掛かる
ストレスを

妻はもちろん
周りを頼ったり
相談することが
元々
苦手だし
男らしくないことだと

ストレスを溜めこんで
弱音を吐けず
一人抱え込み

思いつめてしまう傾向があるのです

相談者の夫の
弱っている時に出る言葉は

『俺は孤独なんだ』

です

男性には男性特有の
苦しさがあることは
理解できるし

大切な人が
ストレスを抱え
孤独だと
苦しんでいたら

自分のできることを
探して力になって
陰で支えてあげたいと思い

自力で夫が
元気になるまでを
そっと信じて見守るのが
本当にその人を
愛している妻の愛情ですが

不倫をするような夫は
そんな妻の思いなどは
気付かずに
…というか
裏切らない真実の愛情が
この世にあることを
知らず
自分を大切に思う人を
うざがり避けるのです

こんな夫の様子を
見逃さずキャッチした
不倫女の見え透いた誘惑に
夫は簡単に落ちて

仕事や家庭という
現実のストレスから
一時的に逃れたくて
現実逃避の手段として
その場の雰囲気に流されて
不倫をしてしまうのです

自分がいけないことをしているという
背徳感が刺激になって
更に性的欲求も高まり

密会を重ねる都度
妻や世間にバレたらまずいと
ハラハラ、ドキドキする感情を
不倫女のことを
こんなにも俺は愛しているんだと
勘違いして
どっぷり不倫に
ハマってしまうのです

よくタブーほど燃えてしまう
と言いますが
不倫はまさにその心理ですね

不倫夫の心理を理解できた
あなたならもうわかるはずです

妻の前では
強い男、懐の大きい男、視野の広い男
を見せていても

不倫する夫は
実際は心が弱く

本当は情けない男
これに尽きるのです

あなたは
夫を勝手に強い人間と
思い込んでいた
自分を反省するくらい
夫の弱さをとことん追求し見極める
強い言葉、行動が沢山出る
自分を目指さないと

いけないのです!

そうなるには
自分で行動をして
夫の不倫に
『悪いことは悪い』
とけじめをつける
自身の納得を重ねていくしかなく

それを覚悟を持ってできた妻は
夫をずっと必要以上に怖がって
夫に依存しきっていた

弱い自分が一番の敵だった

ことに

夫の弱さを
とことん
垣間見た妻は
気付くはずなのです

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA