不倫女に支配される夫に支配される自分では不倫女の思う壺!

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

ある日突然
自分の身に降りかかった
夫の不倫がキッカケで

夫に不倫をやめて欲しいと

夫婦の話し合いを
幾度も試み
夫の気持ちに
必死に向き合おうと
試みるものの

何を言っても拒否されて
不倫脳の夫の心には
妻の言葉は全く響かず

必死で自分の思いを
訴えれば訴えるほど

『おまえとはもう終わっている
今後一切、何も話したくない』

『おまえは俺のことを全然わかってない
おまえと価値観が合わない』

『俺は俺で自分の人生を好きに生きる
おまえに気持ちが戻ることはない』

などと
夫から自分を全否定する
言葉を浴びせられ

すっかり自分に
自信喪失をし

いつしか
夫が不倫してしまった
根本の原因は

自分が至らない妻だった
からという
誤った思考に陥り

『夫は私に優しさが足りなかったから
不倫している
もっと夫を大切にすればよかった』

『夫にとって自分はもう不要な存在…
別居や離婚を言われたら
今後の生活はどうしたらいいの?』

『私にできることは
何でもするから許してほしい!
私を捨てないでほしい!』

とにかく
「夫が不倫を辞めてくれるなら」
「早くこの苦しみから
逃れることができるなら」

私は夫の言うことを
何でも聞くという思いが
頭の中を占めてしまうのです

自分の想像を絶する夫の言動に
尚更、真面目に向き合おうとする
あなた自身の姿勢が仇となり

夫の言動に
自分の基準を置いてしまい
いつまでも同じ状況に陥って

本来の妻としてあるべき姿を
すっかり見失ってしまうのです

この思考は
不倫問題だけでなく
夫婦を続ける上で
大変危険だということを
今起きている
不倫問題に立ち向かうのを機に
あなたは気付いて
自分を変えようと
しなければ
いけませんよ!

自分がこの危険な思考で
今後ずっと生きていくと

不倫問題だけでなく
仮に不倫が解決しても

今後夫自身が引き起こす
様々な身勝手な行動の数々を

妻は一切何も関係なく
全く悪くないのに

強引なこじつけで
いつでも夫に
妻が原因という

理屈を通されてしまうのです

これから先もそれが
あなた方の
夫婦のスタイルに
定着してしまい

夫婦を続ける以上
一生
夫の言動に
従わないといけない
を強いられるのです

 

夫婦は本来
対等な関係で

なければいけないのです

夫婦がお互いに
自分の言動に
自己責任を持ち

一方通行な話し合いで
相手に自分の考えを
押し付けるのでなく

お互いが相手を思いやる心が
常になくてはいけないのです

自分の気持ちを殺してまで
必死に相手に尽くしても

夫から全く
感謝されないどころか
常に夫の支配下に置かれ
舐められている妻という自覚が
今、あなたにあるなら

あなたの夫婦は
歪んだ夫婦関係

第三者の目で見たら
危険な夫婦関係だと
心配される夫婦なのですよ

あなたは亭主関白な夫を
陰で支える従順な妻ではなく

いい年をして夫に依存する
主体性のない痛い人と
他人から見られていても
おかしくはないのです

かつての私が
そのような痛い妻を

散々やり抜いたからこそ
あなたには早く
目を覚ましてほしいのです

 

ハッキリ断言します!

夫の言動は
夫の陰に隠れる不倫女が
夫を洗脳し、巧みに操って
自分の支配下に置き

夫に常に宿題を出し
不倫女の言われた通りに
妻にそのままぶつけているのです

不倫女の目的はただひとつ!

妻の自信を
根こそぎ奪い取り
完全に自信喪失させ

不幸のどん底に落とす為に

夫を操り
あなたの自信を
じわじわと
あの手この手を考えて
間接的に消去して

夫を妻から奪い
女として自分が妻より勝ったと
優越感に浸りたいのです

故に、不倫女の存在がある以上
あなたが
夫の言動でことごとく
自信をなくすのは当然のことなのです

このリアルな現実を
しっかりと理解さえできれば

不倫で目の前で起こっていることが
すべて辻褄が合い

見当違いなことを必死でやっていた
自分から抜け出せ

「不倫を絶対に許さない!」という信念が生まれ

本来の妻のプライドで
「悪いことは悪い!」

堂々と自分が言い切れる言葉で
卑怯な生き方をしている
夫と不倫女を言い負かすことが
あなたは容易く
できる
ようになるのです

妻のプライドで
自身の納得を重ねる
行動を
積み上げていくうちに

自分に更なる自信が身に付き
夫や不倫女に支配されていた
自分がこんなにも強くなるなんて!と
どん底から這い上がった自分を
誇らしく思えるのです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA