慰謝料請求をしたい! 行動にする前に立ち止まり考えてみる

夫婦カウンセラーの山木久子です

夫の不倫が発覚!!
その時あなたの頭の中は…

慰謝料請求

この言葉、直ぐではなくても
出てくるのではないでしょうか?

『不倫する夫なんて、慰謝料払わせて
さっさと捨てればいいじゃない!』と
友人に言われたり、
『○○が不倫!離婚!
慰謝料は、○○円!!』
なんて記事を見たり、
最近は日常的に慰謝料という言葉を
良く見聞きします

精神的苦痛の損害賠償が
慰謝料ですから、当然、
あなたには夫にも不倫女にも、
請求する権利があります

しっかりと証拠を取って、
手続きを踏んだり、
直接相手に請求する等すれば、
あなたに支払われます
認めずに支払い拒否する場合もありますが…

 
そこで、1つ考えて欲しいのです
あなたが慰謝料請求する意味は何ですか?

・傷ついたのだから、払って欲しい

・調査費用がかなりかかったから、
取り戻したい

・不倫女に精神的、経済的
ダメージを与えたい

・さすがにビビって不倫をやめるはず

・夫もこれはマズイと正気を取り戻すはず

・自分の中で、1つのケジメとしたい

この中で、自分自身の問題として
考えているものは良いのですが、
相手に何かしたいとか
相手の行動を止めるため
と、考えている場合は、
一度、しっかり立ち止まり考えて欲しいのです

妻からすると
『不倫のせいで散々苦しんだのだから!』
と思います
確かに、そうですよね

では、夫と不倫女からすると、
妻から直接言われたり
法的な書面を手にした時に一時は焦るでしょう
しかし、共犯がいる分、強気になり
『確かに不倫はしてるけど、訴えるなんて!』
『奥さん、お金が欲しいだけじゃない?』
などと、自分たちのしていることを
棚に上げ、妻に対して敵意や
怒りを感じ、逆に被害者気分なのです

また、不倫女は弱ったフリや怒りを使い分け、
『私、奥さんが怖いわ…
いつも見張られてるようで不安なの…』
『あなたのせいでバレたんじゃない!
私、こんなにお金払えないわよ!』
などと夫に対処させようとします

夫は、不倫女に転がされるまま
『あいつ(妻)、何してくれるんだ!』
『不倫女に払わせるわけにいかないよな』
などと、勘違いな男らしさを出します
夫にお金があってもなくても
なんとか工面しようとするのです
そこには、妻が想像したり期待するような
『たくさん傷つけて、すみませんでした』
『なんて事をしてしまったのだろう』
『もう、不倫なんてやめます』
などという受け取り方は有り得ないのです

そもそも、夫と不倫女に
そのように感じる心があれば、
不倫なんてしていませんし、
してしまっても、ここまで酷くは
なっていませんから
不倫脳の夫と不倫女には常識が通用しません

妻が慰謝料請求することにより、
夫と不倫女がどう感じるか、
そして、その先にどのような逆ギレや
気持ちの変化が出てくるか
そこまで考えてから、行動にうつす

感情を酷く傷つけられる不倫問題だからこそ、
あえて、妻は落ち着いて冷静になり、
感情だけの問題とせずに
この先に起こり得ることまで
想定することが必要です

そうでなければ、
妻自身が自分の起こした行動からくる反動に
苦しめられ兼ねないのです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA