『不倫問題は親子三代の血縁の戦い!』とプライドを持って不倫問題に立ち向かうのです!

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

『夫の不倫であなたを一番
心配し、想ってくれている人は
誰ですか?』

『夫の不倫であなたが一番
心配をかけたくない
守りたいと思う人は誰ですか?』

あなたが真っ先に思い浮かぶのは
自分の親や子供だと思います

不倫問題は
夫婦の問題だけでは収まらず
親や子供にまで影響する
親子三代の世代の問題と
私はつくづく思います

また、
自分自身は勿論
夫や不倫女それぞれが
自分の両親や祖父母の影響を
良くも悪くも受けていると
様々な場面で感じ

思考や生き方に
血縁の深い関わりが関係し
反映していると
改めて感じるのです

夫の不倫が起きて
両親や義両親、子供に
不倫の話を切り出す人も
多いかと思いますが

話すと決めたからには
自身が自覚し、責任を持つ
必要な心づもりがあるのです!

《 義両親に不倫を話す 》

『義両親なら夫に不倫をやめるよう
説得してくれるに違いない』

と、義両親に言いたい気持ちが
出る方も多いと思います

今までの関わり方や義両親の
人間性で一概には言えませんが
往々にして

嫁の話を聞いて最初は

『あの子が迷惑かけてごめんなさいね
私達からも不倫をやめるよう言うから
心配しないで』

と味方になってくれますが
時間の経過と共に
息子可愛さから嫁にも悪いところが
あったのでは?と思い始め
夫の自己保守からつく
でたらめな嘘を
聞いて信じ込み
それまでの態度とは打って変わって

『あなたが息子を今まで苦しめて
ずっと夫婦はうまくいってなかったそうじゃないの!』

など
夫の味方でありたい義両親は

嫁が傷付く言葉を発します

結局、夫だけでなく
義両親との関係までも
ギクシャクして敵対関係に
なってしまうのです

そうなってしまうと
夫や不倫女に本来かけるべき
時間やパワーを
義両親の対応に無駄にエネルギー
を取られてしまうことになり兼ねません

その時になってやっと
義両親を味方につけようとした
自分が浅はかだった気付く
相談者も多数いるのです

義両親にこれから話す又は既に話してしまった場合は

『夫婦の問題は夫婦で責任を持ち考えますから
今は見守っていてください』

と伝え

夫の不倫を妻であるあなたが自力で
納得を重ね、夫を正した後で
過去の話として義両親に説明するほうが
できる嫁と評価されて
あなたを受け入れる姿勢を見せ
円満な関係を築いていけるのです

《 自分の両親や子供に不倫を話す場合 》

不倫が発覚し思い悩んでいる時に
両親や子供に不倫の相談をすると

心から同情し、元気になるよう
寄り添い励ましてくれますが

『そんな奴とはすぐに離婚しろ!』

『お父さんとお母さんの問題だから
私には関係ないもの。これ以上話さないで』

など、自分が望んでいない
言葉をかけられて

『親や子供に話したけれど
私の胸の内を心底わかってくれるわけじゃない』

と、親や子供に話せなくなったりします

親や子供がこのように言うのには
理由があるのです

あなたを大切に思っている親は

目の前で心身共に
弱りきっている娘を見て
娘を愛しているからこそ心配して
一刻も早く
その苦しみから解放してあげたいと
離婚を勧めているのです

子どもはお母さんに
無償の愛情があるからこそ
何も悪くないのに弱っている母親を
これ以上見たくない
ずっと変わらず弱っている母親と
どう接したらいいのかわからない
と思う気持ちから出てくる言葉なのです

親や子供の言葉を通して

『弱っている自分をこれ以上
親や子供に
見せてはいけない!
私の大切な人達に不倫に負けない
強い自分を見てもらおう!』

と、親に自分の心の軸に
伝えてもらった
倫理感や正義感を
今こそ勇気をもって全面に出し
今度は子供に自らが行動する姿で
伝えていく
強い母親になるべきなのです

ご両親や子供に自分が納得することを
やり切る姿を見守ってもらうことが大切なのですよ!

不倫問題を決して一人で戦ってなんていない
常に支えてくれ、繋がっている
『親子三代の戦い』なんだから!と実感したら
心が前向きになりパワーが出るはずです!

《 自分・夫・不倫女に良くも悪くも影響している親が存在しても… 》

人の道を外してまでも
不倫をする夫や不倫女の実態を
深く暴いていくと
その心の弱さの根底には

幼少期に充分な愛情を親から
もらえず愛着障害を持っていたり

親の顔色ばかり気にして
常に親にとっていい子で育ったが為に
認証願望が強い人間に育っていたり

親に甘やかされ
そのまま大人になった為に
大人になっても我儘な性格だったり

という原因が見えてきます

逆に妻のほうは皆さん
両親や親族からしっかりとした
道徳観や倫理観を心の軸に
渡してもらい、そのことに感謝して
立派な大人になっています

このように良くも悪くも影響を受けるのが
親子という血縁関係なわけですが

例え尊敬できない親であっても
親を反面教師にして
若いうちから自分を掘って

正義感や倫理観を持った生き方をしている
尊敬すべき友人を私は知っています

要は、確かに親の影響は誰しも受けますが
その影響を自分にどう活かすかが重要なのです

常に自分がどう人として生きていきたいかを
意識して弱い自分に流されない
自分であれるよう自身を大切にする気持ちを
持ち続ける
ことが重要なのです

『自分の勘を頼りに人生を選択し
進んでいくことが必要であること』

『人生あらゆることを
全て自分で判断して生きていく
ことが
自身の幸せな人生に繋がっていくこと』

このことが不倫問題は勿論
人生を生きる為に必要なことなのです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA