『現実から逃げない自分』という変化を遂げた人のみが笑顔を取り戻している part1

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

夫が不倫してから
というもの
自分に対して

以前では
有り得ないような
冷たい態度や
理解しがたい言葉が
多く出てきて
戸惑っている方も
多いと思います

あなたが一生懸命に
ただ夫が不倫をやめて
元の夫に戻って欲しくて

真剣に夫の気持ちに
向き合おうとしても

夫からは
自分が望んでいるような
言動は微塵も
返ってはこなくて

『俺の働いて稼いだ金で
家族を養ってやっているんだから
俺は充分責任を果たしている!
何をしようが俺の勝手だ!』

『俺がいないと何もできないくせに
いちいち俺のやることに口出しするな!
鬱陶しんだよ!そういうところが嫌いなんだよ!』

などと
あたかも

家族に対しては
経済的責任さえ
果たしていればそれでいい

自分が妻よりも
権力があり
夫婦の絶対なる決定権がある

と言わんばかりに
威圧的な態度で
開き直る夫に

あなたは
夫の言動に
理不尽を感じながらも
何も言い返せず
反論をすることすら
諦めてしまい

その後は
夫の機嫌が
損なわないよう
毎日オドオドと
捨てられないように
これ以上
嫌われないようにと

夫に必死にすがって
生活しているのでは
ないでしょうか?

今そのような状況で
このblogを
あなたが
読んでいるのであれば

ここで
しっかりと
あなた自身が

意識を変えようとする自覚

が必要なのですよ!

まず

『現実をしっかりと見る
自分になるべき腹を括る覚悟をする』

のです!

一番最初に
現実をしっかり
捉えることの
第一歩として

夫の言動により
自分に原因を探し
自分を責めることは

無駄なエネルギーを使い
前向きなパワーを
消耗するだけと
気付いて自覚してください!

不倫問題は
夫婦の問題ではなく

夫と不倫女の
淫らな欲望が
引き起こして
起きている問題です

あなたがいい妻で
なかったから
夫は不倫したと
夫と不倫女の問題である不倫を

後付けの理由で
あなたが原因で
不倫が起こったと

まんまと
夫と不倫女の策略で
問題の原因を
すり替えられているという現実を

あなたは
正確に捉えないと
いけないのです!

その現実を
しっかりと
意識することから
妻のプライドを
呼び戻すのです!

そうして次に

様々に存在している
まだまだある
直視すべき現実から
ひとつひとつ逃げない
自分になり

自分自身に今後の人生を生きる上でも
足りないものがある現実を捉える

家庭外で夫が今現在何をしていて
一体どうなっているか現実を捉える

夫を裏で引っ張っている不倫女が
実際はどんな女であるか正体を把握し
どのようなことを企てているのか現実を捉える

これらの
あなたが知るべき現実を
あなた自身の行動で
捉えていくのです!

とにもかくにも

『現実から逃げない』

自分になるのです!

現実を逃げずに見る

という行為は
嫌な問題であればある程
辛く苦しいものですが

自分自身の目で
現実を捉える
勇気を持てない限り
不倫問題ばかりでなく

問題の真実を
知ることはできないのです

自身が
問題の核心を理解できないと
いつまで経っても
自身を脅かす問題に対して

これから
どうしていけばいいかを
自身で定め

納得を重ねていく
行動を進めていくなど

絶対にできず
いつまでたっても
問題解決などできません

問題解決にまで
至らないということは
その問題から
今後の人生を
よりよく生きる為の
自身の学びも得ることが出来ず

自身の未来を
幸せに生きる生き方に
繋がっていかないのです

次回のblogでは

あなたが真剣に
不倫問題を解決したい
今迄の自分をやめて変わりたい
と願うなら

あなた自身が
決して避けては通れない

自分自身のこと
夫のこと
不倫女のこと

の直視すべき現実を
的確な理解の元に
捉えられるようになって

あなたが
不倫問題に対して
これから
自分に自信を持って
強い気持ちで立ち向かって
納得を重ねる行動が出来るよう

あなたと一緒に
考えていきたいと思います

ここで私は
あなたに宿題を出しますね

次回のblogまでに
自分自身でも

『自分が逃げずに捉えなくては
いけない現実って何があるだろう?』

と自問自答して
自分なりに
考えてみておいてください

part2に続く...

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA