調停員はどんな人?

夫婦カウンセラーの小川聡子です。

数あるブログから

レスキュー隊のブログをお読み下さり

有り難うございます。

本日は調停員について

お話ししていきます。

調停は

調停員が中心となり、

調停前に裁判官と打合せし、

そのマニュアル通りに進行されます。

進行途中で打合せや報告も

作戦会議の一つです。

成立不成立関係なく、

終結は裁判官が言い渡します。

調停員は

男女1名ずつ2人で構成され、

俗に

“先生”

と言います

調停員はどんな人?

行政書士 市会議員 医師

民生委員 元教員 建築士等

最高裁判所が任命する

40歳~70歳の有識者で

研修受けているものの、

法律の知識がない

いわゆる一般のお節介

おじちゃんとおばちゃん

が調停員です。

調停員より当事者である

私達の方が法律知識があったり、

法律を間違って

解釈していることは

よくある話です。

調停時に双方の言い分を聴き、

アドバイス

相手を説得

調整案を出したりする方です。

調停員には決定権がありません。

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA