窮地に立たされた時ほど実力が試される!

夫婦カウンセラーの山木久子です

 

『うちの旦那が不倫してるって
言ったじゃない?
私にバレたと分かったら
逆ギレして開き直っちゃって
“もうお前とは終わってる!
お前の顔も見たくないんだよ!離婚する!”
とか言ってるの
それから ますます好き勝手やってて
毎日会ってるらしいのよ
それでも どんなに深夜になっても
必ず帰宅するのよね
うちの旦那って すごく頭がいいから
用意周到に離婚の準備を
してるんじゃないか?って怖くて…』

もし あなたがご友人に
こんな相談をされたら
どう答えますか?

 

『何言ってんのよ!
離婚なんかするわけないじゃない!
離婚したくないから
帰ってくるんでしょ?
嫌だったら帰ってこないわよ
それに 不倫してるのがあなたに
バレちゃったから会わす顔がないんでしょ
旦那の方があなたに
捨てられないかって
ドキドキしてるんじゃない?
強がって威嚇して あなたに強く
出てこられないようにしてるんじゃないの?
本当に用意周到に企んでるなら
不倫がバレるようなヘマしないわよ(笑)
あなたビビってないで
旦那にきっちりやらないとダメよ!』

きっと こんな感じで答えるでしょう

 

それなのに いざ
自分がされる側になった時
どの相談者も
弱気になり
不安になり
ネガティブ思考になってしまいます

 

同じ事柄でも
自分に起きた時は
他人に起きた時のように
冷静に客観的に
見れなくなってしまうのです

 

この 冷静さを欠いて
客観的に物事を
見れなくなってしまうということは
本当に危険で
真の大事なことを見失いかねません
自分自身が精神的に
弱った時ほど陥りがちです

 

いつもの自分なら
大丈夫!なるしかない!と
思えるようなことでさえも
必要以上に心配に思えたり
不安に思ってしまうのです

 

特に 体調を崩してしまった時
お金の問題や不安がある時などの
自分の生活に直撃する
問題が起きた時ほど
その傾向にあります

 

不倫問題との戦いは
長期戦ですから
その中で疲労やストレスから
体調を崩してしまう時
また 調査費用や弁護士費用などの
大きなお金が動く時
夫からの生活費が減額されたり
ストップしてしまった時
こういったタイミングで弱ってしまい
判断力が鈍ってしまうのです

 

案外 自分をそこまで
不安や恐怖、焦りに
追い込んでいるのは
自分自身だったりします

 

自分自身が
窮地に立たされた時ほど
冷静に客観的に
多方面から見れる自分で
いたいものですね

 

 

 

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA