不倫女の惨めに歪んだ本性を掴み行動に移した妻、その現実を自分の現実にする!

夫婦カウンセラーの平沢 藍です

 

夫の不倫が発覚してから

スーパーでの買い物中に
笑っている夫婦を見ただけで
その場から逃げ出したくなります

自分に起きた
辛い現実とは余りに違い過ぎて

ただの買い物だとわかっていても
羨ましいほど幸せそうに見える
夫婦の姿は

自分には、もう手の届かない
輝きにしか映りません

名前も知らない夫婦の
何の不安もない妻の
笑顔を見るのが辛い

こんな感情
自分が幸せだった頃には
味わった事なんて無かったのに

夫の不倫が発覚する
つい最近まで
きっと誰よりも仲良く笑い合って
買い物していた筈なのに

人を羨み
比べて
更に惨めになる

そんな自分の中に生まれた闇は
ジワジワと心を蝕んでいきます

惨めで悲しい
孤独で寂くてたまらない
誰か助けて!
そう叫びたくなりますし

この心の闇から
現実逃避するかの様に
過去に逃げ込む事もあります

夫との結婚を決める前に
付き合っていた彼は
今どうしているのだろう?

あの彼と結婚していたら
今でも幸せに
一緒に笑っていただろうか

こんな孤独を味わう事なんて
なかったかもしれない

きっと、誰かと幸せに
家庭を築いてるのだろうなぁ

会って話がしたい
私の弱さを受け止めて欲しい‥‥

過去の優しかった彼に
心細い自分を
受け止めて欲しくなる時も
あります

でも、現実逃避は
ここまでで終わりです
過去の彼と会う行動に
あなたが出る事はありません

なぜなら
人様の迷惑になる様な事は
してはいけないと
親からも教えられて育ちましたし

その彼にも
奥さんと子供がいるだろう

他の女性と会ったら
家族が悲しむ

そんな悲しみを
私が与えてはならない

人の痛みを知っている
あなたなら

そう思うからです
しかし
同じ女性でも
全く違う考えを持つ者がいます

それこそが不倫ブス女‼︎

社会性も倫理観も持ち合わせず

既婚者であろうが
子供がいようが全く関係無い

自分が幸せになるなら
誰が傷付いても
知ったこっちゃない

幼い頃から
人の輪から外れ
笑い合う女の子達を
妬ましく眩しく
ずっと嫌っていた

そんな存在感の無い
歪んだ女

それが、あなたの夫に寄生する
ブス女の正体です

その女は
自分の心も体も
満たされていない事を
誰かの不幸を土台にして
埋めようとする
惨めでバカな女でしかありません

結婚し、家庭を築き
普通に暮らしている妻を
心底羨ましく思い
反面、大嫌いだと敵対視している

それが夫の不倫相手なのです

この女はFacebookを覗き
必死に元彼や
どうにか繋がれそうな男を
日々物色したり

職場や日常に網を張り巡らせ

どんな繋がりであろうと探し出し
針の穴ほどの可能性をこじ開け
あなたの夫にも
にじり寄って来たのです

過去も
現在も
未来までもが

劣等感にあふれ
コンプレックだらけの惨めな女が

その劣等感も自信の無さも
埋める為には

男の存在
男との肉体関係にだけ
自分が女として成り立ち
認められ
満たされてる錯覚に
浸る事が出来る

自分は女として
この男の妻より優っている
などと、大きく惨めな勘違いをし

それを生きる喜びにすり替え
あなたの夫にも
自分との繋がりこそが
喜びなのだと洗脳する

そこに優越感を感じ

妻が弱る事に
快感を覚える

まさに、夫の不倫発覚後
あなたが味わった
幸せな夫婦を見たときの
あの惨めな気持ち

それを
ブス女は、何年、何十年と
積み重ね
もはや心は
ねじれにねじれているのですから

世の中の常識も
正義も通用などしないのです

そんな常軌を逸した女の作略で

あなたの家族が
壊されていくのを

「夫が夢中になっているだけでは?
その女性も迷惑しているのかも」
などと、平和ボケした妻のまま
本当に捉えなければならない
女を見逃し

「夫が目を覚ましてくれれば、それで‥‥」
そんな夢物語を語っていても

現実を知っている
相談者からしたら

「小麦が無いなら
パンを食べたらいいわ」

そう言い放った
平成版マリーアントワネット
にしか映らない

現実を知っているからこそ
同じ妻として、母親として
「しっかりして!早く気付いて!」
そう叫ばずにはいられないのです

同じ痛みを知っている仲間が
どれだけいるのか

あなたに想像して欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA