始まりは夫の帰宅時間が遅くなった!不倫夫を見破る確かな目を持って

 

 

おはようございます

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です

 

 

なんとなく最近、

夫の帰りが遅くなってきた

 

そう感じてはいたけど、

「仕事なら仕方ないよね」

 

「責任あるポジションに

いるんだから仕方ないなぁ」

 

「残業手当も入るし」

 

 

ちょっと待って!

その残業、

本当に夫はしていますか?

 

あなたが、

夫の言葉を信じて

一人でお子さんの

お世話をして

寝かしつけをしながら

一緒に寝てしまうことが

常習化していたら

 

 

帰宅した時の夫の様子

まったく分からない…

なんてことも

実際にありませんか?

 

 

《いつも遅くなる時はまめに

連絡をしてくれて、

優しくて真面目な夫》が、

 

本当に残業して、

本当に残業した分だけ

お給料は増えていますか?

 

 

そうお聞きすると、

 

《給料は夫管理で

私は分かりません》

 

《今まで夫の言葉を

鵜呑みにしていたので、

考えたことも疑ったことも

ありませんでした》

 

というお答えも

よくお聞きします

 

 

もちろん、

だからって

『うちの夫、

残業してますか?』と

職場に電話して

確認するわけにもいかないし、

 

残業中の夫にメールして

『あなた、

今どこにいるの?』と

聞くのもおかしな話です

 

 

何も悪いことをしている証拠が

なければ、

怒り出す夫を容易に

想像することができます

 

 

そして

夫の言動は

”何となく期間”から

”急に期間”へと

移行していきますからね

 

不倫する曜日・時間も

だんだんとパターン化してきます

 

それだけ

妻であるあなたをナメて

夫は不倫をしているのです

 

 

時代は2020年になりました!

 

これからの時代を

生きぬくには、

日頃起きている様々なことにも、

違和感や危機感を

少し持たなければいけないな~

考えたことはありますか?

 

 

かつての

私自身は、

 

《結婚時に人生を夫に託して、

これから先に発生するであろう

責任をぜんぶ夫に背負わせて

私はぬくぬくぬるま湯生活》

をしてきましたからね

 

危機感

なんてまったく感じたこともなく

生きてきました

 

ただ、

違和感だけは夫の言動から

察することができました

 

 

*スマホを買い換えて指紋認証に

した

*スマホを片時も手放さなくなった

*男友達と飲んでカラオケして朝帰り

して、寝室に来ずソファーで寝ていた

*友達と飲みに行く機会が増えた

*筋トレとダイエットを始めた

*身なりに気を遣うようになった

*寝室に行く時間がはやくなった

*休日に独りで出かけるようになった

*めちゃくちゃハイになっている時が

増えた

*めちゃくちゃ不機嫌な時が増えた

 

これらは

みんな文頭に

【急に】

が付きます

 

不倫ブス女と出会って、

夫は急に変わってしまったのです

 

 

夫の不倫を

その言動の不自然さから

見破りました

 

あなたも

見破る確かな目を持って、

早急に

この問題に取り組んでください

 

 

現在では、

危機感も違和感も

見逃すものか!という私が

います

 

《ん?》

って、意識するのです

 

日常生活の中で、

 

帰宅途中に

おかしな人物がいたら

年齢・服装・行動を

チェックする

 

家の前に、

見知らぬ車が止まっていたら、

乗っている人を観察する

どこのお宅に用があるのか?

植木に水をあげるふりをして

様子を見る

 

歩いている時もたまには

振り返ってみる

 

買い物の時も、

ほかの買い物客が

何を買っているか

関心を持つ

 

電車に乗っている時も、

バスを待っている時も、

スマホばかり見ていないで、

意識を外側に向けてみる

 

なにか”新しい気づき”

はないか?

世の中を観察するクセをつける

 

 

ボケ~っと生きてきましたから、

今はそういう些細なことにも

チェックを入れています

 

 

夫の不倫が終わっても、

自分の危機感や違和感を

緩めずに

”鍛える”意識

毎日を過ごしています

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA