空気みたいな存在だった夫が、妻を避ける夫に!綿密な作戦は必須

 

おはようございます

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です

 

 

好きで結婚した相手が夫ですから、

夫の不倫が発覚した後も、

「夫のことは変わらず好きです」

という方も多くいらっしゃいます

 

なかには、

もう年数も経ってるし、

「好きとか嫌いとか

もうそんなのはない」

口数ももともと少ない夫だったし、

空気みたいな存在

とおっしゃる方もいます

 

けれども、

その夫の不倫が発覚すると、

「空気がなければ生きていけない」

大パニックになる方も

多くおられます

 

 

目の前で、

『お願いだから自由にしてくれよ』

 

『俺の気持ちはお前にないんだ、

この先もないんだから』

 

『お前のことは幸せにできないから、

リコンして幸せになれよ!』

 

と妻の気持ちを置き去りにして

夫は離婚・離婚と連呼します

 

悲しいし、悔しいけれど現実です

 

この夫に、

『あなたが心を入れ替えてくれたら

今回のことは水に流して・・・』

とか、

 

『反省してくれたら

許してあげるのに・・・』

 

と、

中途半端に夫を甘やかせば

将来同じことが繰り返された時、

あなたが

100%後悔する

のは間違いありません

 

今が

腰を据えて夫と対峙するべき時です

 

 

悪いことをした夫に、

ダメなことをした夫に、

きちんと社会的責任から逃げることを

許さず、

 

自己保身ばかりする夫に

ビシッと言える自分にならなければ

 

 

荒波立てて、

いい妻・いい人(女)をやめるのです

 

このいい妻・いい人とは、

夫にとって

都合のいい妻

都合のいい人(女)

のことをいいます

 

夫からしたら、

不倫をしていたのに、

【心を入れ替えたふりをすれば、

水に流してくれるんだ】

 

【反省したふりをすれば、

許してくれるんだ】

という解釈になります

 

そもそも、

妻をナメていたから

不倫をしていた夫です

 

その夫との関係性を見直しもせず、

形ばかり整えて、

【さぁ、仲直りできた!】

で、済むわけがないのです

 

騙されてはいけません

 

反省したふりも、

心を入れ替えたふりも

平気でしてきますからね!

 

 

そして、

自分で出来ることを増やしていく

 

狭かった視野を広げていく

 

夫に守られていた自分

そのイメージを棄てるんです

 

今、あなたの目の前にいる夫は、

あなたやお子さんを守ってくれますか?

 

台風や水害や、地震が起きた時に

真っ先に

命に代えてでも

守ろうとしてくれますか?

 

結婚した時や、

お子さんが誕生した時には、

想像ができたはずです

 

それが、

例え想像であっても

【守ってくれないと思います】

とあなたが思うのであれば、

 

夫の心は

あなたやお子さんから離れて、

別の誰かを守ろうとしているのです

 

それが、

夫婦の間に決して

入ってきてはいけない人間=ブス女

です

 

平穏に毎日を過ごすことができていた時には

想像すらできなかった

このブス女が、

 

あなたの家庭を壊して、

夫を奪おうとしている現実に

あなたは目を覚まして対処しなくては

ならないのです

 

ただただ、

【あなた、

私の夫と不倫してるでしょう、

別れてください】

と言ったからって、

令和のブス女は簡単に

謝りもしなきゃ、

別れようともしませんからね

 

そこは、

時間もかけて

挑まなくてはなりません

 

夫に対しても、

ブス女に対してもです

 

長い戦いになるかも知れませんが、

夫婦でいれば

それこそ長い時間です

 

一年だろうが、

二年だろうが、

あなた自身の納得いくまで

やるんです

 

 

夫には、

社会的責任を果たさせてこそ

「もう次はないからね!

もっと怖い目に遭わせるからね」

というあなたの真剣さが伝わるのです

 

 

口だけでなく

次は行動に起こすという

覚悟を決めて夫婦を続けていく

 

夫婦(家族)を壊すのは簡単

続けていくのは大変なのです

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA