不倫夫からの離婚調停 ”申し立て理由” に弱らされるな

 

 

おはようございます

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です

 

『最近、夫とうまくいってないなぁ…』

 

『夫と会話もなくなって、

寝室も別室だし、

これって夫婦っていえるのかなぁ』

 

『旦那がなぜか私を避ける…

何が原因なんだろう?

いつ怒らせるようなことしたかしら?』

 

そんなふうに思っていたところに、

夫が離婚調停を起こして、

家庭裁判所から呼出し状

が届いて、

 

驚きと悲しみがいっぺんに…

というお話しを

聞くことがあります

 

 

夫が、

不倫を隠して調停を

申し立てしているケース

は本当に多いです

 

送られてきた

夫婦関係調整調停(離婚)の

申立書をみると、

『申し立ての動機』

という欄が1番下にあります

 

 

「当てはまる番号を〇で囲み、

そのうち最も重要と思われるものに

を付けてください」

 

と書いてあり、

その下に

 

①性格があわない

②異性関係

③暴力を振るう

④酒を飲み過ぎる

⑤性的不調和

⑥浪費する

⑦病気

⑧精神的に虐待する

⑨家族をすててかえりみない

⑩家族と折り合いが悪い

⑪同居に応じない

⑫生活費を渡さない

⑬その他

 

という13の項目があり、

そこに夫が、

不倫を棚に上げて

〇をつけている

 

◎だってついている

 

それに、

精神的ダメージを受けて

一気に弱らされてしまう方も

多くいらっしゃいます

 

 

カウンセリングでは、

『こんなのたいしたことないよ』

というお話しをしています

 

夫が、

13個全部に〇を付けてこようが、

それは勝手な夫の言い分に

過ぎないからです

 

ましてや、

いきなりそんなことを

してくるのですから、

 

ブス女

(夫の不倫相手をそう呼びます)

の存在が濃厚なわけです

 

 

それを知らずに、

夫の

『お前とは何年も前から

終わってた』

 

『とっくに俺たちは破綻して

いたはず。

お前の実家とも俺の実家とも

絶縁状態みたいなもんじゃん』

 

『この家に俺の居場所はなかった

俺はもうお前と暮らすの

限界だから』

 

と、言われて

真に受けたらいけません

 

 

弁護士を頼んだら、

『ご主人があそこまで

言っているから

修復は難しそうですね』

 

『今なら、

こちらが有利に離婚できますよ』

などと囁かれて、

 

あなたの心は

もうどうしていいか分からずに

頭も心もパンクしそうに

なってはいませんか?

 

 

弁護士から

『ご主人にもしかして、

おつき合いしている女性が

いたりしませんか?』

と言われて、

 

余計に頭が真っ白に

なっている方も

おられると思います

 

慌てて調査会社に

飛びつくのだけはやめて

くださいね

 

高額の調査費用を請求される

可能性大ですから

 

そして、

夫から離婚調停を起こして

きているわけですから、

簡単に

不貞現場を押さえることは

難しいです

 

夫側にしたら、

『これがバレるわけにはいかない』

と思っていて、

ブス女と毎日連絡取り合っていても、

 

ラブホテルに行くようなことは

なかなかしないでしょう

 

そんな時に

受け継がれたレスキュー隊の

ノウハウがあります

 

調査会社に頼む以外にも

証拠を集める方法が

ありますからね

 

こんな時はどうすれば良いか、

もちろん

ケースバイケースですが、

しっかりカウンセリングで

お伝えしていきます

 

同じ経験をした

先輩相談者が自分の

体験談を話してくれますからね

 

孤独に苦しむことも

なくなって、

気持ちが楽になります

 

『私が、

秘密裏に何とかしなきゃ!』

ではありませんからね

 

 

『何もできません』と泣くのは

自由です

 

『このまま何もしないのは嫌、

理不尽な目に遭わされるのも嫌』

なら、

私たちと一緒に戦いましょう

 

夫に

ブス女がいるのか?

いないのか?

見極めていきましょう

 

あなたの納得は何か?

一緒に突き詰めて考えていきましょう

 

 

離婚調停を弁護士つけずに

戦っている

先輩相談者の方は

何人もいますからね

 

”弁護士をつけないと”

と慌てないでくださいね

 

勝手な理由で

勝手に起こされた離婚調停で、

あなたは自分の言葉を

思いを

調停員にぶつけるのです

 

最後まで諦めずにひたすら

がむしゃらに、

腹をくくって頑張るのです!

 

あなた自身が望んでいないのに、

離婚してはいけませんよ

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA