不倫女と示談すれば夫と別れるなんて誰が決めたこと?事実なの?

 

おはようございます

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です

 

ご相談にいらっしゃる方の

お話しを伺うと、

 

『夫の不倫を弁護士に相談したら、

相手の女性に

慰謝料請求をして

二人を別れさせましょう』

 

 

『証拠だけあっても

不倫は終わらないからと

調査会社の

担当者に相談したら、

相手の女性に

会いに行くのだけは

やめてください、

弁護士を紹介すると言われた』

 

 

弁護士に相談したから

といって、

不倫ブス女と示談したから

といって、

不倫が終わる保証はどこにも

ありません

 

 

そもそも、

あなたの依頼した弁護士の

思惑通りに

事は運びません

 

 

こちらからの希望慰謝料額を

伝えても、

『払えません』

『ない袖はふれません』

というような回答が返ってきます

 

値切って値切って

調査費用も回収できない金額を

提示してきます

 

 

それはそうです

ブス女も弁護士をつけていれば、

減額・減額を主張して、

あなたの希望慰謝料金額を

半額以下にできれば、

その分弁護士は

報酬金が多く入るからです

 

それは頑張って

減額もしてきます!

 

 

本来、

あなたの代理人になった

弁護士も、

あなたの希望慰謝料額を

満額交渉で払わせることが

できたら、

報酬金も多く入るはずなのですが

 

もう、

そんなことを言ったら

キリがない

 

 

こういう案件を何件も

掛け持ちしていて

 

「はやく終わらせたい」

 

『この案件なら、これがいいところ』

 

「今回は相手に恩を売っておこう」

 

というような

弁護士都合の仕事を

している場合も往々にして

あるのです

 

 

だから、

あなたが依頼した弁護士は

最初に

 

「ご主人と離婚しますか?

しませんか?」をまず確認して、

(慰謝料請求と離婚はセットの方が

収入が良いので)

 

「いくらの慰謝料請求にしますか?」

という話し合いの席で、

 

『減額されるから』

ということを頭において、

高めに設定することを

勧めてくるはずです

 

出来レースとまでは

言いませんが、

そういう話はよく耳にします

 

 

 

ネット検索したら、

『夫と不倫女の別れさせ方』

が載っていて、

夫に知られないよう自分で

相手の女性と示談した

という方も多いようです

 

けれども、

その方法を取ったとしても、

夫とブス女が不倫をやめる

保証はどこにもありません

 

 

例え、

一時的に二人の関係が

終わったとしても、

 

また再発することもありますし、

夫は味をしめて

また別のブスと不倫をすることも

あるのです

 

 

不倫相手に

慰謝料請求することが、

最終手段ではないのです

 

 

多くの方の話しを聞いていても、

裁判所で傍聴をしても、

 

『あぁ、このバカ二人は、

裁判になっても続いている』

 

『お互いにかばい合って、

本当にレベルの低い人間』

 

だと感じます

 

 

 

カウンセリングでは、

そういう話をしながら、

ブス女へは慰謝料請求をするけれど、

 

それは

自分の納得のための”手段”

過ぎないことだと

お伝えしています

 

 

ブス女への

慰謝料請求の目的が

”お金”なのか、

”お金じゃない”のか

 

 

『えっ?

お金以外に何があるんですか?』

と、

当時の私も思っていました

 

お金以外にもあるのです

 

 

幸せだった家庭を壊されて、

もちろん調査費用も

かかっていますから

回収だってしたい

 

 

でも、

壊れてしまった家庭や夫婦関係は

お金になんか換算できない!

というのが本音ではありませんか?

 

 

お金に換算できないのに、

弁護士に聞けば

『相場は・・・』って話をされる

 

ネットで調べても

『相場は・・・』って

書いてある

 

どこに自分の納得があるか?

って話なのです

 

 

凝り固まった思考が、

そう変化していくまで

私自身も時間がかかりました

 

 

『この人は、

お金じゃない人』

 

弁護士も

裁判官も

そう思う、

そう感じる妻がいるんです

 

そういう妻に

なりましょう!という話を

カウンセリングでしています

 

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA