不倫相手を知らずして、”夫の不倫を止めさせなきゃ”は大きな勘違い

 

 

おはようございます

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です

 

 

夫の怪しい・不可解な言動から、

不倫相手をすでに

ご存知の方もいれば、

 

多分…と予想ができる方もいれば、

 

まったく心当たりがありませんと

いう方からも

ご相談の電話はあります

 

ご自分で調査をされた方は、

調査会社に高額支払いを

して、

その後にネットサーフィンして

いらした方も多くおられます

 

なかには、

その夫の不倫相手が、

 

相談者の知り合いだったり、

ママ友だったり、

同級生だったり、

夫婦でよく行く店の店員だったり、

夫の部下であったりしてして、

 

顔を合わせたこともあり、

話しをしたことがあるという方も

おられます

 

 

夫の不倫相手=ブス女

と呼んでいますが、

調査報告書に写るその顔は

本当にブスです

 

夫と一緒にいる時は、

そこそこ笑顔も見せていますが、

 

一人で写るその姿は、

ふてぶてしさあり、

気の強いさまが出ていて、

3メートル先まで不幸が漂って

いるような女です

 

 

後方を気にしながら

何度も振り返る姿に

調査会社の人間も

『この女性は

何度か経験ありますね』

と報告してくれます

 

なかには、

警戒心が強すぎて、

調査会社の人間が

『これ以上は無理かも』

と報告してくる

ブス女もいるのです

 

 

相手が既婚者だろうが構わない

そういうブス女は、

過去に痛い経験があったとしても、

 

用心深くまた新たな既婚者を

狙っているのです

 

常習犯の可能性は高いのです

 

 

私自身、

ブス女と対決してみて

『よくそんなことが言えるよね』

『こんな母親でお子さんが可哀想』

『ぜったい初めてじゃないな』

『子どもを置いて、

いつもこんなことをやってるんだ』

そう感じました

 

 

会う前は、勝手に不安を大きくして

いる自分がいました

『何を言われるんだろう』

『別れてくれるんだろうか』

 

いざ、その時になれば

『もう、私はこれを許さない!!』

と覚悟を決めて臨みました

 

 

いろいろとブス女の前情報は

ありました

だいたいの性格も分かっていました

 

それでも、

目の前にすると、

本当にふてぶてしい態度に

ふてぶてしい物言いです

 

『まずご主人に聞いてくださいよ』

 

『ご主人に聞いてからに

してください』

 

自分には関係ない

私の夫のことも知らない

 

そう言うのです

 

 

 

『裁判してくださいよ』

『裁判すればいいじゃないですか』

これを言う女は

不倫が初めてな訳はない

ハッタリです

 

『裁判なんて奥さんだって

嫌でしょう⁈』

(ブス女心の声)

 

私自身カウンセリングを

受け始めた頃は

裁判なんて

ブス女の心の声

同様に、

 

そんな おおごとは嫌

だと思っていました

 

でも、思考を変えていきました

 

『本当に嫌なのは、

悪いことしてる 

そっちでしょ』と

 

 

私自身は、

長い時間をかけて

徹底的に

 

ブス女の望んだこと

やりましたから、

懲りたと思いますし、

 

ブス女は慰謝料という

高い勉強代を払いました

(*慰謝料をあなたの夫が肩代わりする

場合も多いです)

 

それが不倫の代償です

 

 

私が戦ったことで

怖い思いもたくさん

したはずのブス女です

 

多分、

既婚者はもうやめておこう

その時だけでも思ったはずです

 

実際は、

バカだから分かりませんよ

 

でも、

慰謝料が発生するし、

裁判になれば時間もかかるし

弁護士費用もかかるし、

『またやりたい』

とは思わないはずです

 

長い時間がかかれば

こちらだって疲れます

 

でも、

長い時間をかけてこそ

自分自身は強くなれる利点は

あるのです!

 

何しろ悪いことをしているのは、

夫とブス女なのですから

 

『はやく終わらせたい』

と、ブス女側に思わせ、

 

こちらは、

疲れても長くかかっても

平然と正々堂々と戦えば

いいだけなのです

 

 

夫の不倫相手と会って、

対決してみて分かること

感じること

 

リビングでネットサーフィン

しているだけでは、

わからないこと

 

 

大好きな夫

惑わせた女

会わずして、

何も知らなくて、

 

ただただ

「夫に帰ってきて」

ではダメなのです

 

 

こちらがいくら夫に、

『あなた、やめて』

と懇願しても、

 

夫は不倫を止めることを

しないのですから

 

止めたふりをして、

妻を騙して水面下で

ブス女と関係を

続けるのも不倫あるあるです

 

 

『まさか、そこまではしない』

とか、

『うちの夫はそこまで

バカじゃない』

は、残念ながら通用しないのです

 

 

『こんなにバカだと思いませんでした』

 

『強いと思っていた夫が、

こんなに弱いとは』

 

『いったいどこまで続けるんでしょうか?

 どこまで堕ちていくんでしょう?』

 

と、いう声が

毎日のように数多く届いてくるのです

 

その夫にぶら下がって離れないのが

ブス女ですからね

 

 

あなたは、

『不倫をやめさせなきゃ』

夫に対してだけ

躍起になるのではなくて、

 

ブス女のことを知って、

ブス女を目の前で捕らえて

対峙しなければ、

 

この問題は

終わるわけがないのです

 

 

弁護士の書面やり取りで、

簡潔に

簡単に終わらせても、

あなたの中でくすぶった怒りや

悲しみは

消えませんからね

 

もう、

とことん

がむしゃらにやる

 

感情のコントロールも身につける

我慢する時は我慢する

言いたいことも飲み込む

そしてパワーを溜める

 

今だ!

と、いう時が来たら

それを全開にして出す!

 

 

ブス女の正体を自分の目で見て、

自分の耳で

ブスのたわけた話を

聞くのです

 

そして、

妻のプライドも

しっかりしっかり

見せていくのです

 

 

妻の納得を置き去りにして

形だけ整えて

解決なんて

あり得ませんからね

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA