不倫の打開策に近道を探さず、お花畑にいる夫を引きずり出す!

 

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

真面目な夫の不倫を確信した時、

無力感

喪失感でいっぱいだった毎日。

 

頭の中は

「この幸せを壊す覚悟があって

不倫をしてるの?」

 

「相手の女は誰?」

 

答えの出ない問いを1人で

悶々と抱える日々でした。

 

 

笑顔は引きつり、

食事は喉も通らず、

隣で高いびきをかいている夫

の横で眠ることもできず、

 

夫に気づかれないように

まるで

何かに憑りつかれたように

毎晩ネットサーフィンを繰り返す。

 

 

夫は、スマホを肌身離さず、

どんどんエスカレートしていき、

妻の目を盗んで

リビングでも寝室でも

ブス女とライン。

 

 

こうしてブス女は、

夫の目を片時も

妻に向けさせないように、

自分の寂しさを埋めるように

人様の家庭に入り込んできます。

 

 

急にたいした用もないのに

1人で出かけたがる夫

 

急に筋トレやダイエットを始めた夫

 

急にブレスケアを購入して

口臭ケアを始めた夫

 

急に飲み会の回数や

残業や休日出勤が増え、

いそいそと出かけて行く夫

 

 

不倫初期の夫はお花畑状態で、

機嫌よく大笑いし

弱った妻に優しい言葉

をかけてくることもあります。

 

翻弄されてはいけません。

『もう大丈夫かも』とか、

『私の気のせいかも?!』とか、

『ただの遊びだったのかも』とか、

そう思い込みたい気持ちは分かります。

 

 

でも実際は、

ブス女との密会はスリルがあり、

ブス女とのセックスは

今までにない程の興奮を感じられる。

 

こんなに気持ちいいことを

やめられない

やめたくない

…が、

偽りのない夫の本音なのです。

 

 

そして、

何もできないだろうと

タカをくくり、

妻をナメくさり、

バカにしているのです。

 

 

そもそも妻にバレたらまずいと

分かっていながらの不倫です。

 

でもどこかで、

「万が一バレたとしても、

あいつには何も言わせねーよ」

 

「どうせバレても、

あいつは何もできやしない」

 

「アイツの性格だから

離婚を言い渡されるだろう。

でも、

そこまでできるわけないよな」

 

と、こんなことを

思っているわけです。

 

 

実際にバレた時、

夫の思考は停止して、

「やべ~」の一言です。

 

 

それを妻に悟られたくない

という行動が、

夫の逆切れになります。

 

 

「コイツなら黙らせられる!」

「ガツンといかなきゃ!」

「彼女(不倫相手)を守らなきゃ!」

 

 

という、

バカな男気を出して、

強い言葉と態度で圧倒的優位に

立とうとします。

 

世間に言えないようなことを

しているにもかかわらず、

妻をなめてるからこそ、

 

 

「お前がもっと優しくしてれば、

こんなことにはならなかった」

 

「俺たち、

もうとっくに終わっていただろ!」

 

なんてチキンの戯言

ブス女と切れない限り続きます

 

 

この状況から一刻も早く

抜け出したいと思うなら、

それなりのことをしなければ

抜け出すことはできません。

 

 

ネットサーフィンして

 

「できそうなことを

誰かに聞いてみよう」

 

「簡単な方法を誰かに

教えてもらおう」

 

『これいいじゃん。

それを真似しよう』

 

1番の近道を探すのではなく、

 

真剣に自分の人生を考え

真剣に夫婦の関係を考え、

『できるかできないかは

分からないけど、

がむしゃらに頑張ろう!』

と決断する。

 

 

その方法を

アドバイスするのが、

夫婦問題レスキュー隊です。

 

 

”弱い夫とずるいブス女に

毅然と立ち向かっていく”

と心に刻むのです。

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA