夫を奪ったブス女をしっかり見据え実態を知れば怖くない

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

会話も少なくなってきたし、

ときめきもないし、

「夫元気で留守がいい」

思っていたのに、

 

夫の言動を疑うようになってからは、

「私が優しくしてなかったから…」

「夫を邪魔者扱いしていたから…」

「どうして?なぜ?」

自問自答の毎日に

思考回路は崩壊。

 

 

答えが出るわけもない夫の不倫。

自分の気持ちさえ

分からなくなっているのに、

 

自分以外の他人である

夫の気持ちなど

分かるはずもないのです。

 

 

当の夫でさえ、

道徳観も倫理観もかなぐり捨てて

快楽から抜け出せず、

 

「バレなければいいんだ」

 

「あいつに文句は言わせない」

 

というような

『頭』より

『本能』で

不倫を続けている。

 

 

そして、

共犯者であるブス女が、

夫の1抜けを絶対に許さない。

 

 

夫を優しい言葉で翻弄し、

「奥さんより私を愛して。

私を守って。」と

激しい快楽を与えて

マインドコントロールしていきます。

 

だから

ブス女との対決が必要不可欠

なのです。

 

不倫を成就させるサイトが

いくつもあることをご存知ですか?

 

泣いてばかりいては

立ち向かえません!

 

一人でも多くの人間を味方につけて、

あなたは夫の不倫に決着をつけ、

残りの人生を強く

邁進していってほしい。

 

そのための

カウンセリングをしています。

 

 

泣くことに飽きたら…

守るべきものがあるなら…

しっかり現実を見る勇気を

出してください。

 

 

私自身、夫の不倫が発覚して、

ブス女の生態

を知ることになりました。

 

 

当時の私は、

同じ悩みを抱える方との交流会で

多くのブス女の話を聞く度に

『同性にこんな女がいるのか!』

とショックを受けました。

 

 

今では、

『そんなもんだよね。

どこのブス女も。』

 

『自分のことを被害者だと

思ってるなんて、

本当に図々しい。』

 

『絶対、初めてじゃないよね。

こんなブスにコロッと

騙されるなんて!』

 

というセリフがポンポンと

出てくるようになりました。

 

 

なぜかと言えば、

裁判所で、

”生のブス女”

を何人も見てきたからです。

 

 

ブス女が言う決まり文句。

 

『既婚者だと知りませんでした』

 

『離婚したと聞いてました』

 

『離婚寸前で家庭内別居

していると聞いてました』

 

『ただの友達です』

 

呆れてものが言えないとは、

まさに

このブスの発言です。

 

 

それも、

嘘を言えば偽証罪にも問われる

神聖な法廷で、

 

堂々と嘘をつく姿を見れば、

腐った根性や、

歪んだ性格が丸出しになります。

 

 

かつて、

夫の奇怪で信じられないような

言動も、

出てきたブス女にも

驚かされてばかりいました。

 

 

けれども

実態を知りカウンセリングを

受けたことで、

 

男に恵まれず生きてきた哀れで

醜いブス女に

『怖い』も減ったくれもなく、

 

「こんなブスに弱らされてたまるか!」

奮起できたのです。

 

 

不倫女の末路が

どんなものになっていく

のかは分かりませんが、

私は興味もありません。

 

 

今1番興味や関心があるのは、

これから先に

どんなことが待っているのか。

どんな出会いがあるのか。

自分の未来です。

 

 

ジッとしているリスクは

たくさんあります。

『どうしよう、どうしよう』

では、

何も状況は変わらない。

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA