夫が無視しても、家庭内別居になっても、今も毎日が自分との戦い

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

人は楽な方、楽な方へと流されていきます。

夫の不倫が発覚する前の私も、

その流れにどっぷり浸かっていました。

 

いかに家事を手抜きできるか、

手抜きした言い訳は何にしよう・・・

今考えると、

本当に

”ぬるま湯天国”

にいました。

 

ブス女との対決終えて、

夫の逆切れを経て。

 

夫から無視され、

家庭内別居にもなりました。

 

 

相談者のみなさんからは、

弱いチキン夫が

自己保身ばかりして、

傷ついた妻をケアするどころか

謝りもせず、

いまだに好き勝手しようとしている。

 

そんなお話を聞くことも多くあります。

もちろん、かつてうちの

チキン夫もご多分にもれずでした。

 

 

謝ったところで、

やっすいやっすい土下座です。

夫が、謝ったからといって

妻の心が晴れるわけも傷ついた心が

癒されるわけもないのです。

 

 

問題は、その後の自分なのです。

夫に染まる前の自分までさかのぼって、

自分を深く深く掘る。

 

 

結婚した当時

希望に燃えていた自分が

いたはずです。

 

どんな困難にも負けないと

誓った自分がいたはずです。

 

 

時々、

「どうして そんなに強い気持ちで

いられるのですか?」

質問されることがあります。

 

それは、

夫の言葉を鵜呑み

にするのではなく、

 

自分の目で確かめ、

自分の耳で聞いたことを

事実と認識するよう行動してきた

から。

 

 

自己保身ばかりする夫は

この家族を守れない。

 

私が

この家族を守らなければ!と

決めたから。

 

私が

ブス女とチキン夫に弱らされて

いいわけないと思ったから。

 

私が

自分と子どもの為にも絶対に負けない!

と誓ったから。

 

私が

夫の不倫を通して、

弱い自分から抜け出したくて、

必死に自分を変えよう

 

目の前の課題を

1つずつクリア

していったから。

 

 

私が

警察署でも警察官に

夫とブス女の悪事を洗いざらい話して、

 

調停でも調停員に

 

裁判所では裁判官に

 

自分の信念を貫き通したから。

 

 

いろんな経験をしての今があります。

夫のことで頭がいっぱいだった自分を

やめて、

 

主語を

『私が』に変えていく努力をして

いきました。

 

ぬるま湯天国にいた

”夫依存の自分”

をやめて、

 

「誰もやってくれない。

自分でとことんやるだけ。」

 

腹をくくり行動したのちに

強さが身につきました。

 

 

時には、

救急車を呼ばないとダメかも!と

いう腹痛・微熱が何度かありました。

 

ストレスもマックスで、

しんどい思いもしてきました。

 

 

”急に”とか、”一気に”

強くなれるわけでは

ありません。

 

適宜必要な”やるべき事”を

やっていくうちに

身についていく感じです。

 

 

初めて事務所で受けたカウンセリング。

泣いてばかりいた私も

”悲劇のヒロイン症候群”

から抜け出すまで

時間がかかりました。

 

 

カウンセリングを受けて、

自分に必要だと感じたブログを

ブックマークして、

 

『この苦しみを

乗り越えられたら、

私に怖いものは

もうなにもなくなる』

 

という言葉を支えに頑張って

きました。

 

 

今は、その言葉の通りになったと

実感しています。

 

 

”強さ”は保存が利きません。

せっかく頑張って対決しても

元のぬるま湯天国に戻るのは簡単。

 

それを許さない自分作りをする。

 

「そんな自分に戻りたくない!!」と

強く決意した人だけが、

新しい自分の人生に

責任を持って

歩んでいける

のです。

 

毎日が自分との戦いなのです。

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA