ブス女の侵食スピードを知らなければ、あなたはきっと後悔する

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

夫の態度がよそよそしくなって、

浮気を疑うも

信じたくない思いの方が強く、

どうしたらよいか分からずに

動けない方も多くおられると思います。

 

その間に、

ものすごいスピードで

夫は不倫相手と

親密になっていくことを

どこまでご存じなのでしょうか。

 

 

このご時世です。

夫とブス女は確実に

毎日連絡を取り合います。

それも、

1日1回なんて少ない頻度なわけが

ありません。

 

 

ラインでいえば、

1日100往復くらい当たり前です。

電話も、朝の通勤時・昼休み・

営業車の中から・帰宅時と

“暇さえあれば”です。

 

 

ブス女は、五感のうち、

“見る” “聞く” を毎日使って、

夫に侵食していくのです。

 

 

1度関係を持ってしまえば、

“嗅ぐ” “触る” “味わう” が

加わるわけですから、

あとは、

ブス女からの甘い囁きや

卑猥な画像をラインに

添付することで、

 

夫の性欲は常に刺激を受けること

なります。

 

 

セックスしている時に、

写真を撮らせたり、

動画を撮らせたりするブス女も

多くいます。

 

 

夫のパソコンを開けたら、

醜態を晒したコレクションが

いくつも出てきたという話は実際に

よく聞く話です。

 

 

ブス女は、

独身男性に相手にされない、

結婚していても婚姻破綻している、

バツイチ、バツニ。

 

 

ハードルの低い既婚者に近寄って、

”優しくて真面目な夫”

を標的にします。

 

 

『割り切った関係でオッケー』、

『恋愛したぁいと恋愛ごっこ』、

『場末のスナックの女と客』、

『転勤してきた上司と部下』、

『夫とうまくいってない・

彼とうまくいってないから

今晩相談にのって』、

 

夫は、

妻以外の女性と秘密の時間を

持つことで、

どこかでリスクを感じながらも、

 

ドーパミンが強く分泌され、

快感が得られれば

より強い快感

求めるようになります。

 

 

道徳的な判断 よりも

快楽が優勢 になって

しまうのです。

 

 

妻は、夫の不倫に弱らされて、

たった数ヶ月で体重が一気に

減ってしまう。

 

でも、

たった数ヶ月で夫の脳は委縮し、

快楽を知ってしまった身体を

元に戻そうと

思っても非常に困難になります。

 

そこを知っておかなければ、

後悔してもしきれなくなるのです。

 

 

私自身、夫の浮気を確信して、

ネット検索で1番最初に出てきた

”大手調査会社”に電話をかけ、

電話に出た年配女性の

 

『それは酷い話ね。

よく耐えてきましたね。

ご主人怪しいわよ。

絶対に女の人がいる。

それを見極めないと。

今から来れる?

苦しいでしょう?

一刻も早くこの苦しみから

逃れたいでしょう?

大丈夫よ。

証拠さえ撮れたら、

お守り代わりになって、

あなたを守ってくれるから。

調査費用がかかったとしても、

ちゃんと慰謝料請求すれば

回収できるんだからね、

心配いらないから。』

 

 

そして、

その日に出向いて

あれよ、あれよと

高額な契約を結んで

しまいました。

 

これが、

夫の不倫にまつわる2次被害です。

 

 

大切な大切なお金を

自分自身で守ることも

できなかったことに対して

なかなか立ち直れませんでした。

 

 

その経験から、

どうしたらよいか分からずに、

私のような2次被害に苦しむ方が

出ないようにと。

一人でも多く救いたいとブログを

発信しています。

 

 

ブス女の侵食スピードを知って、

1日でも早く手を打ちましょう。

 

そして、『まずは証拠』という前に

相談してくださいね。

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA