不倫ゲス夫の「想定外の妻」を作るには我慢も辛抱も必要

 

こんにちは。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

『私も強くなりたいです!』

『夫を見返してやりたいです!』

と、ほとんどの方がみなさん、

そうおっしゃいます。

 

それなのに、

「ここ1番!今が我慢するべき時ですよ」と

お伝えしても、

感情的になって心ここにあらず・・・と

いう方がおられます。

 

今までと同じことを繰り返していては、

夫との関係に変化は現れません。

 

「頭では分かっているのですが、

夫を目の前にすると…」

 

『それはそうなんですけど、

夫があまりにも理不尽なことを言うので

爆発しそうなんです・・・』

 

あなたも当てはまりませんか?

 

爆発しそうになったら、

「いつもの自分ならどうするか?」を

思い返してください。

 

とっさに分からなければ、お子さんに

聞いてみると、

『いつもママは…』

『お母さんはたいてい…』と、

客観的に答えてくれるお子さんも

います。

 

今までと同じことはしない。

妻が、いつも正論並べているのに、

急に貝になったら夫は恐怖を感じます。

 

いつもと違うあなたに、

不気味さや怖さを感じ取るのです。

 

そして、あなた自身が感情のコントロールを

できるように、意識してみてください。

 

私自身、喜怒哀楽が激しいタイプでしたから、

『夫にこれを言ってやらなきゃ気が済まない』

『夫にラインでこれを言わなきゃ、気が収まらない』と

いうことをさんざんやってきました。

 

振り返ってみると、いつも必ずと

言っていい程それを後悔していました。

これまでの夫婦関係を変えたければ、

自らが感情をコントロールできるように

なることが必要です。

 

不倫した夫は夫で、

これまでの夫婦関係から、

妻を怒らせるのは超簡単。

 

夫婦関係が破綻していたことにするため、

わざと妻を煽って妻から

『もう離婚だね!』と言わせるよう

仕向けてくることもあるのです。

 

夫から、

『今日は話がしたいから寝ないで

待ってて。』、

『これ以上、夫婦を続けても意味ないから

お互いのために話そう。」など

メールが届いたら、その合図だと思っても

いいくらいです。

 

いつもと同じあなたであれば、

夫の想定内の言動をしてしまい、

『離婚する気なんて、ちっともないのに

つい離婚よ!と口にしてしまった。』、

『夫に誘導されて、怒りに任せて

出ていけ!と言ってしまった。』と

後悔します。

 

別居や離婚したい夫が、

それを録音している可能性もあります。

ガッツポーズをとる夫を

悔しい思いで

見つめるあなたにならないように。

 

そして、怒りを出す時が来たら、

今まで溜めていたパワーを全開にして

『悪いことは悪い。

ダメなことはダメなんだ!

ふざけるな!』と出してください。

 

遠慮はいりません。

妻を自分の思い通りにできると思っている夫に、

正義感・倫理観を思いっきり出して、

挑むときなのです。

その時が来るまでは、その溢れそうになる怒りも

耐えてパワーとして溜めてください。

 

我慢や辛抱。

会得すれば、夫を見返す強さを

手に入れられますよ。

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA