父親の不倫!身近にいるメッセンジャーはあなたの味方です

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

こそこそお風呂場までスマホを持ち込む夫。

トイレに行くときも、

寝る時さえもスマホを手放さない夫。

まさしくブス女と不倫している時の

うちの夫もそうでした。

 

私が、のぞき込もうとすると隠す。

ゲームをしているふり。

 

妻には、まるでセンサーをつけたように

敏感な夫でも、お子さんには

ノーマークということもあります。

 

妻が仕事中や、

買い物で留守にしている時に、

夫のセンサーはオフ状態。

 

お子さんを味方につけておけば、

 

『ずっと女の人とラインしてたよ』

 

『相手の名前は、〇〇〇だって!』

 

『私には、分からないと思ってパパが

女の人と電話してて、今晩会うらしいよ』

 

『親父が、急にコソコソと出かけて

行ったよ、あれは女だな!』

 

と伝えてくれるメッセンジャー

なってくれることもあります。

 

 

『私に、夫が不倫していることを

教えてくれたのは息子でした。』

 

『気づいてないのはママだけだよ。

可哀想でママには言えなかったと

娘から言われました。」

 

という話は実際によく耳にします。

 

 

夫は妻をナメて不倫をしていますが、

お子さんに敵対意識は少なく、

「子どもには分からないだろう」

たかをくくるのです。

 

母親といる時は不機嫌な父親が、

にやけて上機嫌で出かけて行くのですから、

お子さんでも気づくことはあるわけです。

 

 

「子どもが不憫で話せません」

 

「父親が大好きな子だから話せません」

 

家族なのに、

夫婦問題と捉えてお子さんを

蚊帳の外にしていませんか?

 

 

小さくても、

未成年でも、

悪いことをしている父親と、

それを正せない母親が

自分の両親だ!

って思わせることの方が、

子どもにとっては不憫なのですよ。

 

 

家族を味方につけて、

悪いことをしている夫を正す。

それを母親であるあなたが、

行動してその姿をみせてあげてください。

 

母親が、父親に苦しめられながらも懸命に

戦う姿に、

お子さんもいろいろなことを

感じ取っていきます。

 

まだ喋れない小さなお子さんでも、

小学生のお子さんでも、

反抗期のお子さんでも、

思春期のお子さんでも。

 

その反応は様々ですが、

夫に泣かされて弱らされて、

どんどん痩せて笑顔が消えていく母親が、

 

”悪いことは悪い!

ダメなものはダメなんだ!”

と正々堂々

世の中を味方につけて立ち向かう

姿勢に、

 

お子さんも将来を

悲観してばかりではなく、

明るい兆しを母親から受け取る

ことができるのです。

 

 

私のところにも、その嬉しい報告が

いくつも届いています。

 

”学校へ行くのを嫌がっていた子が

また行けるようになりました。”

 

”父親のことがあってやる気をなくして

しまうかと心配しましたが、

無事に第1志望の高校に合格しました。”

 

”部活を辞めると言ってた子が、

県大会でいい成績を残しました!”

 

自分の納得を重ねてきた人には、

”作り笑い”ではない

本物の笑顔が戻ります。

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA