暴言吐く夫の心理!臭いものに蓋をすると苦しむのは妻のあなた

 

おはようございます。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

夫の不倫が発覚した後も、

夫の言葉を信じて騙され続けていた…と

いう方が大多数です。

 

『女と別れて反省してるように

見えたから』、

 

『帰宅時間も早くなったし、休日も家族で

出かけるようになったから』、

 

『子どものことも可愛がってくれる

ようになったから』、

 

一時の夫の小芝居に騙されて、

水面下で続いてることを知って

さらに弱らされるという

負のスパイラルから抜け出せない

状況です。

 

そもそも、

『反省してるように見えても、

私に謝罪の言葉が1つもなかった』、

 

『何食わぬ顔で私が作ったご飯を食べて、

子どもと遊んで部屋にこもってます』、

 

『別れるから、彼女にした慰謝料請求を

取り下げてくれと言われて従った』

 

といういうに、事を荒立てず、

妻が自分一人我慢すれば

この問題は解決する!と、

夫の悪事を糾弾せずにうやむやに

しているケースがほとんどです。

 

臭いものに蓋をして、

お子さんにも話さず、

自分の力だけで何とかしようとしたり、

 

調査会社から紹介された

“愛され妻を推奨するカウンセラー”

に騙されたり、

 

2次、3次被害に遭われている方も

大勢いることを知ってください。

 

 

夫が、家に戻ってきても、

しばらくは反省している風に見えても、

ブス女に引っ張られているのですから、

簡単に別れるはずがないと読みを

入れなければ、

まんまとブス女と夫に騙くらかされる

のです。

 

夫は、

時に暴言を吐き、

時に優しさを見せ、

妻にもブス女にも角が立たないように

している心理状態です。

 

妻を無視する心理状態も、

どこかで妻が本気で怒ったら怖いと

男の本能で分かっているから、

妻を寄せ付けないように

しているのです。

 

『会社にばらす。』、

『奥さんにも打ち明ける」と

弱みを握られてブス女と別れることも

できない。

 

身体を提供されて、

今さら別れることができない。

ズルズルと惰性で関係に終止符を

打てない。

 

夫は夫で、精神的に疲弊して

『頼むから俺を解放してくれ』

『俺を1人にさせてくれ』と、

病んでいくチキン夫も多いのです。

 

「夫を守ろう」という考え方ではなく、

自分で蒔いた種を刈れない夫

に代わって、

妻である私が社会的責任を取らせる。

 

夫の将来を考えて

行動できないではなく、

夫の将来は夫自身が自分で考えろ!

 

ダメなものはダメなんだという

姿勢を貫いてこそ、

妻は自分の納得が重ねられるのです。

 

 

暴言を吐く夫の心理状態の裏側では、

この状況を

自分でどうにもできない情けなさを

精一杯

虚勢を張って隠しているのです。

 

 

カウンセリングでは、そういう実例を

お話ししながら、

『強いと思っていた夫が、

本当は弱くて情けない男』

だったと気づいてもらうなど

適正な捉え方を学んでもらうのです。

 

『私さえ我慢すれば・・・』

は間違っているのですよ。

 

 

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

 

 

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA