父親の不倫!正義感あふれる私の血は、子どもに受け継がれていく

 

こんにちは。

夫婦カウンセラーの倉本悠衣です。

 

私はブス女に対して、

『親からどういう教育受けてきたんだ』、

 

『あなたのお子さんが知ったら可哀想じゃない』、

 

『母親としてもダメだけど、人間としてどうなのよ』

 

と直接対決でぶつけました。

 

愛だの恋だのではなく、

「いい歳こいて、やっていい事と悪い事も

分からないのか!」という思いです。

 

もちろん、ブス女に道徳観もなければ

倫理観もあるはずがないのですから、

このブス女の胸に私の言葉が響くわけも

ありません。

 

諭すつもりもなければ、ブス女に分かって

もらおうなんて気持ちはこれっぽっちも

ありません。

 

当時、私の中にあったのは、

悲しい思いをしている子どもの気持ちを

考えたら、大人である私が正義を持って

これを言わなくてどうする?という

思いでした。

 

それは、私の子どもだけでなく、

ブス女の子どもに対してもです。

 

ブス女の子どもは、

自分の両親が不仲なことは百も承知。

母親から父親の悪口をさんざん聞かされて、

マインドコントロールされていました。

 

自分が寂しい時は都合よく子どもを利用して、

自分が不倫する時は都合よく子どもに

嘘をついて外泊していた事実。

 

いつかその子どもが大人になった時に、

『あの時は母親を庇っていたけども、

本当は酷いことをされていたんだ』と

分かる時がくるでしょう。

 

慕っていた母親の浮気を知って、傷つかない

子どもがいるわけありません。

もちろん、慕っていた父親の不倫を知って、

私の大切な子どもも深く傷つきました。

 

 

『私はこれを絶対に許さない。

自分が納得するまでやるからね!』

言った私に、

ブス女はまるで他人事でした。

頭が真っ白だったとは思いますが、

哀れな頭の悪い女なのだとも感じました。

 

長い時間はかかりましたが、私は

納得するまでやり切りました。

それは、一言でいえば“爽快”でした。

 

胸を張って母親の強さを見せることが

できて、

子どもとの間にも目に見えない太い絆が

できました。

 

この先、子どもの人生に何かがあった時、

 

「たとえどん底にいても諦めずに頑張れば、

きっと道は開ける」

と教えることができたと感じています。

 

夫の不倫によって親子の信頼関係も、

かつてないほどの強さで結ばれたのです。

 

今現在では、大事な判断をする時に、相談できる

頼もしいパートナーになってくれました。

 

有言実行する母親と、

『信頼を取り戻せるよう努力する』と子どもの前で

誓った父親。

そんな両親の今を冷静に見てくれているのが、

あの時傷ついて

涙を流していた子どもなのです。

 

相談する先はここです!

今日と同じ明日が続かないように、

勇気を出して行動を起こしましょう。

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-8940-4122

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA