不倫夫とブス女のカラクリを意識すると、自分の感情さえも武器に出来る程に強かな自分がいる事に気付く

こんにちは
夫婦カウンセラーの平沢 藍です

考えるよりも先に感情が口から溢れて来るのは
女性の特権みたいな物ですが

夫の不倫に関して言えば
感情が先走りする事で

夫婦の行く末さえ不倫ブス女がコントロールしようとする
図式が出来上がってしまいます

妻からすれば
夫の持ち物から、女とのLINEのやり取りや
ホテルのレシート、いかがわしい写真などが出て来たなら

『これ何なの?この女誰なの?』

と、どうしても夫に問いただしたくなります

もちろん、妻に隠れてコソコソと不倫している夫が

素直に認める訳も無く

『人の物、勝手に探るヤツとは一緒に暮らせない』
『今まで我慢してたけど、もう限界だ。離婚しかない』

などと、妻がこれ以上追求して来ない様
強い言葉で距離を置きます

そして
『離婚』
の二文字に妻が撃沈している間に

夫はブス女に
今日あった妻とのやり取りを
会社の上司にする「ほうれんそう」と同じく
報告、連絡、相談をします

上司である女は
『奥さん、人の物勝手に探るなんてちょっとおかしいと思うよ。
自分がされたら怒るに決まってるのに、勝手過ぎる。
そんな奥さんと今まで我慢して一緒にいてあげたのでしょう。
偉かったね。もう十分頑張ったよ』

『咄嗟に出た離婚って言葉が、やっぱりあなたの本音なんだと思うの』
『奥さん、また勝手に探るだろうからスマホも財布も気を付けなきゃね』
こんな、立場を勘違いした言葉を並べますが
夫からしたら、ブス女の指示は的確そのものでしかありません

素直に従い
スマホのロックを複雑化したり
履歴を消去したり
財布にはレシートを入れなくなります

このきっかけは
たった一言だけ

妻が言った
『これ何なの?この女誰なの?』

この一言です

当たり前の感情を口にしただけで
ここまで夫は妻を警戒し
女はその状況を楽しみ、夫婦をコントロールします

このカラクリを知っている相談者は
自分が今、感情のままに言葉出せば
ブス女に有利な情報を渡すだけ

今は夫に何を言っても無駄

感情をぶつけるタイミングは今では無い

と、自分の感情をコントロールできる様になります

それだけでは無く
逆に、こんな言葉を夫に投げれば
ブス女に伝わり悔しい思いをするに違い無い
そして、水面下の2人が何かしら行動に出る筈だと

自分の感情を武器にさえ出来る様になるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA