不倫夫の逆ギレなんて、思春期の子どもと同レベル そこに恐れている妻では家庭を守れない!

夫婦カウンセラーの山木久子です

夫が不倫を始めると、夫の家での様子や家族への接し方に、遅かれ早かれ、必ず妻は異変を感じますよね

`いつも不機嫌な顔をしている´
`家では溜め息ばかりついている´

この常に不機嫌そうな夫の様子に、

『え? なに? 私が何かしたのかしら?』

妻はわけがわからない状態になり、原因が自分にないかと探します

更に、不倫が発覚すると、夫の態度はますます悪化して

`家ではしかめっ面ばかり´
`家族を避けるように、自室に引きこもる´
`ちょっとしたことでも、すぐにイライラして怒鳴ったりする´
`家の中でも、妻を避けるようにすれ違う´
`家族とは別に自分用の食べ物や生活用品を買ってくる´
`些細な言い合いでも、すぐに別居や離婚を出す´

ここまでになってくると、毎日の事ですから、妻はどんどん傷ついて、気持ちが弱ってしまいますよね
『やっぱり私のことは嫌いなんだ…
不倫女が大切なのね…』

妻として、『不倫は許せない!不倫女に会って不倫をやめなさい!』と言いたくても、これ以上、夫に嫌われたくないとか、夫が出て行ったら…、離婚にはなりたくない等と、夫の逆ギレが怖くなり、言いたい気持ちと夫への恐怖の間で葛藤して、動けなくなってしまう方もいます

でも、よくよく、考えてみてください!!

そもそも、家庭を顧みず、自分のしでかした行動で妻や子どもだけでなく、職場や親戚など、周囲の人々にどれだけの悪影響を与えるかも考えずに、不倫をしたのは夫です

逆ギレという言葉の通り、明らかに非があり怒られる立場なのは夫であり、逆に理にかなっている妻がキレられるなんて、おかしな話です

冷静になって、夫の行動や発言を分析してみると、まるで思春期の子どものようであることに気づきます

`悪い事がバレて、穴にも入りたいくらい恥ずかしくて、キレる´
`正論言われて、言い返せなくなり、キレる´
`わかってるのに、それ以上言われたくないから、キレる´
`精神的にいっぱいいっぱいになって、キレる´

夫だって、自分が悪い事をわかっています
なめている妻に、素直に謝るなんてできません
夫なりのプライドを守りたいのでしょう
『謝ることで、この先も妻に上に立たれるなんて嫌だ!
『分かってるけど女が別れてくれないんだよ!』
『真面目な俺が不倫したなんて、もう妻に許してもらえない!』
『子どもにも知られたなんて、恥ずかし過ぎる!』

結局、自己保身です
妻が嫌いとか、不倫女が大切とか関係ありません

これを理解すると、夫の逆ギレなんて恐怖ではなくなりませんか
夫の小ささに失笑さえしてしまいます
夫のタイプによっては、逆ギレが暴言だったり、物に当たったり、稀に暴力だったりと、色々な出方があると思います
もし、危険な場合は毅然と然るべき対処です

夫もいい年した大人です
子どものような態度をとる夫に振り回され、弱らされている妻であっては、家庭を守れませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA