夫からの「離婚」「別居」宣言に動揺せず、夫の本心を見抜くことが大事

こんにちは
夫婦カウンセラーの山木久子です

皆さんは、夫からこの言葉を言われた事がありませんか?

『離婚したい』
『別居したい』

夫の不倫という、結婚生活において一番と言っても過言ではない裏切りが発覚した事で、心がズタズタになってしまっている毎日です

更に離婚や別居なんて単語が出てきたら、もうこの先の人生に何の希望も見出だせない程、絶望的な気持ちになってしまいます
不倫発覚前に、いきなり言われた方もいるのではないでしょうか?
まさに心も頭もパニック状態です

「離婚」「別居」
妻にとっては、今後の人生を左右する、恐怖の言葉ですね

では、夫は本当に離婚や別居をしたいのでしょうか?

答えは、ほとんどが『NO』でしょう

離婚、別居という言葉を出してきたわりに、毎日帰宅しませんか?
不倫の話さえ出さなければ、普通に話しかけてきませんか?
妻が作る食事を変わらず食べていませんか?

冷静になって、夫を観察してみると、口では妻を突き放しますが、行動はそうでもない事に気づきます
ここに、夫の本心が無いことに、気づかされるのです

我が家の場合で思い出してみると、発覚前に突然の『別居したい』が始まりました
やはり、毎日帰宅しますし、夫婦で晩酌もして、寝室も一緒です
発言以外は、何も変わらない毎日です

しかし、後々入手した証拠を照らし合わせると、不倫女と一緒に住もうという話が実態無いまま盛り上がってしまい、後に引けなくなり不動産屋を回っている頃でした

発覚後、今度は、『離婚したい』が始まりましたが、やはり生活は変わらぬままです
不倫について妻に問い詰められた時や夫婦喧嘩から不倫の話になった時に、決まって「離婚」を出していました

夫は、妻が「離婚」という言葉に恐怖を抱くのも、妻が離婚をしたくないのも分かっているのです

夫にとっての『離婚』『別居』は、不倫について妻にこれ以上突っ込ませない、妻を黙らせる言葉であり、もしくは、深く考えもせずに気軽に不倫を始めてしまったけれど、想定してなかった不倫女からのプレッシャーで、本心とは裏腹に仕方なしに出てきた言葉なのです

それは、妻よりも不倫女を選んでいるのではなく、どちらも失いたくない夫の自己保身なのです

その後、離婚や別居を強行する夫もいますが、必ずその裏には、不倫女の手引きが存在するのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA