不安で焦りまくっているあなた!人生で大切なことを見失わないで!

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

不倫問題で悩んで
今まさに
人生のどん底な時に

あなたが自分自身で

真剣に
考えてほしい
超えてほしい
ことがあるのです

それはどんなに辛くとも

『焦る気持ちに負けてはいけない!』

ということです

焦る気持ちは
人が生きている限り
誰でも感じる感情で
その感情を持つこと自体は
決して悪いわけでは
ないのですが

焦る気持ちと
どのように
自分が向き合うかで

『前向きに生きるパワーに転換するか』

『後ろ向きな感情に襲われ自身のパワーを削ぐか』

自分の今後の生き方が
真っ二つに
分かれてしまう
とても
影響力がある感情なのです

だからこそ
あなたには

『ずっと持ち続ける
焦りの感情からは何も生まれない』

ということを
不倫問題で悩んでいる
今こそ
しっかりと
理解してほしいのです

あなたの焦りの気持ちは
どこからくるかと考えると

不倫問題を解決したい

夫婦の危機を何とか乗り切りたいと

『決して夫婦を諦めない!』

という
気持ちがあるからこそ
出てくる感情なのです

夫が不倫女に夢中で
家族を顧みないという
現実を前に

『今のままではいけない!』

『なんとか私ができることをして
いかなくては!』

という
焦りの感情から
生まれる
不安や危機感を
あなた自身で受け止め

自分が今は
弱っているという感情を認め
強い気持ちに
切り替えようとする
自身の心を確認する
物差しにしたり

『今の私に何ができるか?』

『これからどんな行動をしていくか?』

を前向きに
自身の思考と行動に
促していく
きっかけにしていく

そう思えるなら
焦りの感情は

行き詰った状態や困難な状況を
自身で切り開いていく

納得を重ねる行動力や

解決の糸口を見い出す

きっかけとなるのです

けれど
焦りの感情を
一瞬の感情にとどめず
ずっと持ち続けていると
どうなっていくかわかりますか?

自分を自身で
負の感情に追い込み
ダメージを与え

最悪は
自分が望んでいない方向に
人生が流れていき

最終的には
自滅を招いてしまう
大変危険な感情でもあるのです

『不倫を解決する為に、私がやれることは
何でもするので教えてください!
早く楽になりたいんです』

『いつになったらこの苦しい状況を
抜け出せるのでしょうか?
夫が密会してると思うと頭がおかしくなりそうです』

『早く証拠を撮って慰謝料請求をしたいのに
なかなか証拠が撮れないので
夫と不倫女に逃げ切られるのではと不安です』

このようなことを
ご相談者さんは
夫の不倫という状況下で
焦る気持ちから
不安を大きくし言ってきます

その思いは痛いほど
理解できますが

夫の不倫はそれまでの
夫婦関係に歪みがあったことを
認識する考えを持つことが
とても大切なのです

つまりは
夫婦は本来なら
対等の立場なのに
結婚生活の中で
次第に歪な上下関係が
出来上がってしまい

夫は妻を舐め腐っているわけです!

妻を舐め腐っているから、不倫をし
妻を舐め腐っているから、逆ギレし
妻を舐め腐っているから、離婚と言う

夫に舐められていることに
まだ、自覚がなく、怒りが出ない
ご相談者さんは

自分の状況に慌てふためき
うろたえて
何かあるごとに騒ぎ

冷静でいられなくなるわけです

これでは正常な思考と行動が
できなくなっていきます

すると
自分が行動した後に
何が起きるか
先を想定せず
やけを起こして
行動をしてしまったり

自分に降り掛かる
リスクも考えずに
無謀なことをしだすのです

また、このような時は
楽に解決できるかのように
思える方法論に飛びつき
正しい助言は耳に入らないで
暴走してしまい

結果、自身の軽はずみな
行動によって
事態を更に悪化させ
自らダメージを与え
自滅してしまうのです

焦りを感じる状況だからといって

決して
『私はもう、終わり』

『早くしないと解決できなくなる!』

と決まったわけではないのです

焦りに飲み込まれている人は
自身がそうなっているのは無自覚です

カウンセリングでは
ご相談者さんが
焦りに負け狼狽する気持ちを
自身で自覚し変えていくよう
根気よくアドバイスしています

地道なことですが
現実に不倫があっても
いやあるからこそ
一日一日少しずつ強くなっていくと

いつしか
焦りより
夫と不倫女に舐められていた自分を
悔しく思い、怒りが勝り

弱くて不倫に翻弄され
苦しんでいた自分は消えて

『夫と不倫女を絶対に許さない!』

『しっかりと不倫女と戦ってやる!』

という気持ちが全面に出てくるのです

そういう気持ちが持てるようになって初めて

ご相談者さんは皆さん
不倫問題では
焦りからは何も生まれないこと

強い心で主体性を持って
自分の信念を貫く行動をし
対処することの重要性を痛感するのです

シンプルに考えればいいのです!

『不倫が終わらない』

と焦りを感じる状況でも
まだそうと決まったわけでもなく

あなたの行動でできることは
沢山あるはずです

だからこそ冷静になって

『今の私がすべきことは何だろう?』

と行動に変えて
自分の納得に納得を重ねていくのです

行動すると決めたなら
自分で全て責任を持って

全力でやっていくだけです

人間は今の実力以上のことは
どんなに頑張っても出来ないのですから
行動を重ねていくことで
自分を成長していくしかないのです

状況を変える行動ができるのは
自分だけなのです

焦りからは何も生まれません
焦った時ほど

『自分は今何をすべきか』

焦る気持ちに打ち勝ち
本来の自分を取り戻す作業をした人は

必要な行動を自ずと
導き出せる自分になれるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA