不倫問題に疲れ弱った時ほど、自分と向き合うことが課題

夫婦カウンセラーの山木久子です

 

今、不倫の対処をされている方、
すでに終わりましたという方は
本当に嫌と言うほど感じていると
思いますが

不倫問題の対処は
かなり長期戦になります

分かっていて始めても
実際にやってみると
こんなにも長くかかるものかと
感じてしまうほどです

 

そこで必ずぶち当たるのが
自分との戦いなのです

 

ただでさえ、不倫されたことで
物凄く心が傷つけられ
元々はそんなに弱くない方でさえも
本来の自分がどこかへ
行ってしまったかのように
弱ってしまいます

さらに、精神的なストレスから
あちこち身体に異変が出てしまい
体調を崩される方も少なくないのです

そんな状況の中
通常の生活である家事や育児、仕事を
こなす毎日がどれだけハードであるか
これは体験した方にしか
わからない辛さがあるでしょう

そんな時はどうしても
精神的にも弱りがちで
判断力がいつもより落ちてしまったり
ネガティブな思考にもなりがちです

 

ほとんどの方が
こういった厳しい状況の中
不倫と戦う事を決意し
動いていくわけです

 

当初の勢いを維持しながら
長期戦に渡って
不倫の対処を進めていくことは
容易なことではありません

想像していた以上に
常識がなく話の通じない不倫女と
こんなにも情けない男だったのかと
自己保身ばかりで逃げまくる夫を
相手にしていくのですから
相談者自身のエネルギーが
かなり削がれます

 

悪循環で体調や仕事、子どもへと
悪影響の連鎖が起こってしまい
生活が回らない苦境に
ついつい弱音も吐きたくなってしまい
もういいやと諦めの気持ちにも
なってしまうのです

逆に、やっと動けたことで
総体的に見る状況は
まだ道の途中なのに
満足した気持ちに浸ってしまったり
辛さから解放されたくて
終わった気になってしまう方もいます

 

しかし、それで良いわけがない!

思ったよりも大変だったからと諦めますか?

親の不倫で振り回されて、巻き添えになった
子どもにどう説明しますか?

本当に納得できているのですか?

 

弱った時ほど、焦って判断せずに
自分に問いかけなければなりません

 

私たちカウンセラーは
相談者が弱った時こそ
冷静に、客観的に相談者をみていきます
一緒にがんばりましょう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA