夫婦は夫、慰謝料請求は弁護士任せと主体性のない自分では真の幸せを一生理解できない

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

『弁護士に任せて不倫女に慰謝料請求し
夫も不倫女も懲らしめて
自分は早く楽になりたいです』

『本当は夫が不倫をやめて改心して欲しい
でも、不倫女に慰謝料請求をしても別れないなら
もう離婚するしかないと覚悟しています』

など
ご相談者さんの中には
さも法的手段がゴールのように捉え
勘違いされている方がいます

また他の方は
私のところにご相談に来る前に
弁護士を委任したものの

自分のイメージでは
全てを自分の有利に
迅速に問題解決してくれる
法で自分を守ってくれる
正義の味方と
期待していた弁護士が

自分の慰謝料請求するに至るまでの
様々な悔しく、苦しかった気持ちに
寄り添い、汲み取って
動いてくれていないという
違和感を感じ

終いには
早急に不倫を
終結させたいが為に

弁護士に任せたのに

弁護士と思うように
意思疎通が図れないばかりに
そこに時間ばかりを費やし
挙句の果て
自分の望まない方向に
事態が動いてしまい

弁護士に不信感を抱いて
不倫女でなく
弁護士との関係に
自分のパワーを削がれて
疲れ切ってしまったり


はたまた

内容証明を不倫女に送り
不倫女がこれで観念し
別れるかと思いきや

更に不倫女が夫を引っ張り
自分が思い描いていたイメージとは
まるで違った事態に動揺し

今後どう行動していいか
皆目わからなくなり
焦り、不安を募らせ
心身ともに弱って
戦う意欲を喪失させてしまい
慰謝料請求を途中で
諦めてしまった方や

不倫女に内容証明を送り
初めは夫が逆ギレや
開き直りはしたものの
夫が自分に
涙ながらに謝罪をして

反省する姿を見せたので

やっと夫は堪忍したと安堵し
自分の言いたいことをぶつけても
小さくなっている夫に

自分が強くなり
夫より立場が上になったという
気持ちになって
スカッとしたのも束の間

不倫女とは水面下で
ずっと続いていて

暫くしたらまた
俺様夫に戻り
妻を見下した言動が始まったり

財産をこっそり
妻にバレないよう隠し始めたり

妻には内緒で
不倫女の弁護士を探し
弁護士費用と慰謝料を
夫が用意したり

ある日突然
離婚を言ってきたりと

以前の夫婦関係と何も変わらない
下手をしたら
もっと悪化してしまった状況になり
自分では手に負えないと
藁をもすがる思いで
ご相談に見える方もいます


主体性のない生き方で

自分のプライドを
自身で取り戻す行動をせず
安易に弁護士に飛びつくと
このような望まない結果を
招くことになるのです!

そもそも
慰謝料請求とは
妻であるあなたが
あなた自身が
不倫により受けた

精神的苦痛の代償として
起こすことができる
権利でもあり
あなたや家族を守る
法的処置でもありますが

弁護士に任せる前に
自分自身で
やるべきことをやり
自分が納得を得る行動を
重ねていくことを

例え辛く、苦しく
時には行動したことで
ピンチに襲われようとも

決して諦めず

やり抜いていかないと

誰に対しても
自分のこうありたい
こうしたいという
意思表示をしっかりと表し
説明できる自分になれないのです!

不倫問題においては
私は何も悪いことはしていない!

ありのままの真実を
世の中に話しても
私は嘘や誤魔化した
生き方を
していないから
全然平気!と
凛とした態度で

『ピンチはチャンス!』

と、自力で今の事態を好転させてみせる!
という
決して諦めない意志の強さで

問題から逃げずに進む
自身の努力の積み重ねと
自分自身を掘る過程がないと

『自分の人生を夫や弁護士など
自分以外の誰かに決められたくない!』

『誰かに自分の人生を任せるなんて
恐ろしくて絶対嫌!』

という
自分のことは自分が決める

『自分軸』

がしっかりと育たないのです

自分軸を持っている人は
委任する弁護士選びから
きちんと
自分の思いを汲んで

自身の苦痛をお金変えて
代償を交渉できる
弁護士かを
見定めて
弁護士を決めることができ

自分の慰謝料請求に対する
目的もしっかりと説明できます

自分に足りない法の知恵を
授けていただく
意識
いるからなのです

弁護士に任せたら
もう一安心
後はきっちり仕事して
くれたらいいという

主体性のない自分では
委任した弁護士にも
失礼極まりないのですよ!

確かに、弁護士の中には
私欲しか考えていない
どうしょうもない弁護士もいますが
そのようないい加減な弁護士は
普通は引き受けない
不倫した側の弁護を
引き受けるものなのです

弁護士選びも
自分で見抜く力を持ち
自身の選択に自信が持てる
自分でなければ

この先
弁護士に
自分の希望通りに
動いてもらい
一緒に戦っていく
意思疎通も円滑に図れないし

慰謝料請求が協議で終わらず
裁判になった際には
自分の意志を貫いて
長期戦で戦い抜く

強さとたくましさを
持ち合わすことはできないのです

ましてや
弁護士を委任して
慰謝料請求をしても
弁護士があなたの為に
仕事をしてくれるのは
慰謝料が不倫女から
入金されるまでです

そこから先は
自分自身で
歪んだ夫婦関係を
一度ぶっ壊し

自分がストレスなく
常に自分らしく
幸せを感じて暮らせる
新しい夫婦関係にしていくという
確固たる信念がないと

妻のプライドを持っている自分

とは言えないのです

不倫問題に限らず
何か問題が生じた場合は
事前に何を準備して
どのように自身で行動するのか

自分が行動したことで
どのような事態が想定され
どう更に行動を重ねていくのかを

自身でしっかりと
シュミレーションして
自分の不安を
なるべく小さくして
問題に挑むことが重要なのです

そうやって
自身の納得を重ねることで

自分の人生を
そう易々と誰かに預けないという
主体性を持って生きることが

自分が幸せに生きることに繋がる
と、更に深く理解し

どんなことでも
自分がコントロールする自分になる
自信を持った生き方ができるのです

そんな生き方をあなたが目指すなら

妻のプライドで
不倫女に立ち向かい

その後の夫婦は

離婚するもしないも自分が決める!

と、強く、たくましい自分で
幸せな人生を
自分の足で切り開いていけるのです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA