不倫夫が出すその言葉も態度も不倫女の企み通り

夫婦カウンセラーの平沢 藍です

夫から一方的に
「以前から俺たちは
上手く行ってなかった」
「もう一緒に暮らすのは無理だ」
などと言われ
狼狽えてしまった経験の
ある方は多いと思います

ちょっと冷静になれば
夫とのケンカが増えたのも
会話が減ったのも
夫の不倫が始まってからの事だと
気付くのですが、そんな余裕なんて
持ち合わせていません

夫婦が上手く行って
いなかったのではなく
不倫によって、夫が妻との距離を
取り始めたからであり

不倫している夫が
自分の罪を棚に上げ
妻に対してよくもそんな
勝手な事を言えたものだと
呆れ果てる話でしかありません
決して、妻が弱る話ではないのです

それでも、なぜ夫は
自分の不倫を棚に上げて
妻に全ての罪を擦りつけるのか?

そこには、夫の共犯者であり
首謀者である女の存在が大きく
関係しています

不倫相手である女が
あなたの夫の意識を、過去に遡って
コントロールしようとするからに
他なりません

女からすれば
妻の存在は目の上のタンコブなだけ
妻がいるから、自分の恋愛は
不自由極まりない
自分の男を独り占め出来ない
なぜなら、妻がいるから!
世界で一番邪魔な存在が
妻だと確信していますから
邪魔者である妻を
いかに自分の男から心身ともに
遠ざけ、弱らせ、諦めさせ
男の元から去って行かせるか

その方法を日々考え
あなたの夫に囁き続ける
「あなたは、もっと幸せになるべきよ!
奥さんには、もう十分に責任を
果たして来たもの
これからは、自分の幸せの為に生きても
バチは当たらない」
「奥さんだって、気持ちが離れた夫といるより新しい人生を歩んだ方が幸せ」

こんな不倫女の身勝手な企みに
あなたが弱らされていては
女の計画通りに進んでいるだけ
妻が弱れば女が笑うだけです

夫の口から出る言葉は女の企みです
女にコントロールされた言葉と態度を
出す夫に、あなたが弱るのではなく

夫の言葉、態度を
ここまでコントロールしている
不倫女に意識を向けて

妻のあなたまで
女の企みに踊らない意識が
大事なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA