時代と共に変化する不倫のカタチを理解する

夫婦カウンセラーの山木久子です

夫の不倫が発覚した時に
どうにかしなくては!と
両親や義両親に話した方もいるでしょう

『そのうち不倫に飽きて戻ってくるわよ
それまで辛いけど我慢しなさい』

あなたが期待していた
両親や義両親から夫への
お説教どころか
我慢しなさいと言われてしまって
そういうものかしら…と思ったり
なんだか腑に落ちない気持ちで
違和感を感じたのではないでしょうか

 

その違和感、見過ごさないでください!

親や義両親の時代で起きていた不倫と
今、まさに起きている不倫は
全然違うのです

 

【両親や義両親の時代では】
・夫からすると
不倫は男の甲斐性で
妻や子供がいる家庭あっての
不倫ですから
その先に離婚があるわけではない
・それは、不倫女も分かっていて
自分はあくまでも日陰の存在だと
心得ている
・ですから、密会している間だけ
夫は自分のものであるという感覚
そして、不倫女よりも夫の立場が強い
という場合が多い

 

【現代では】
・夫からすると
妻や子供がいる家庭あっての
不倫だと思って、始めているのは同じです
最初から離婚しようとなんて考えは無い
・しかし、そもそも夫自体に
結婚に対する認識や覚悟が甘いので
時間の経過や不倫の深さが進むにつれて
また、不倫女の洗脳によって
家庭を壊すことにも
好きになったのだからと仕方ない
という思考になる
・不倫女は堂々と表に出ようとして
妻に対する敵意も物凄く
夫を介して自分の存在をアピールする
夫は気づかぬまま、不倫女に洗脳されて
不倫女にコントロールされている
という場合が多い

 

ですから、親や義両親からのアドバイスに
違和感を感じるのも当然です

ただじっと、夫の帰りを待つ妻でいては
夫は戻らない、不倫女が戻さないのです

 

そして、不倫女が不倫に向ける
異常なまでのパワーも
親たちの時代より
かなりパワーアップしているでしょう

不倫女とって
女は大切にしたい存在ではなく
自分を大切にしてくれるかを
時間やお金などで愛情を量ります

できるだけの時間を
自分に使わせようとするので
毎日密会したり、長い時間密会する
もちろん、不倫女も通常は仕事をしたり
家事、育児をしていますから
それに加えての不倫です

不倫女の異常な体力といったら
アスリート並みかもしれません

 

時代で変化する不倫のカタチや
夫と不倫女をしっかり理解して
対処をしていきましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA