不倫ブス女に立ち向かう!その腹をくくる自分がいるかどうか

夫婦カウンセラーの平沢 藍です

世間では、喫煙マナーについて
物議がかもされていますが
それでもなお、未だ好き勝手に
煙をまき散らす喫煙者も
少なくありません

当の本人は快楽を求めて
タバコに火をつけますが

近くにいる者にとっては
たまったもんじゃない

受動喫煙者の被害は
喫煙者自身のそれよりも
深く大きく

不快で害ある副流煙を
吸い込む事は
望んだ状況である訳がない

ましてやそこに
幼い我が子がいたのなら

そして、大切な我が子の
目の前でタバコを吸うのが
夫だとしたら

母親として
その場所から黙って
去ることなどしない

それよりも
「あなた父親でしょう
何のつもりよ!
この子も私も迷惑してるの!
タバコなんて邪魔なだけ!」

そう声を荒げて
持っていたタバコを
取り上げ、踏みつけ
夫を睨みつけるのでは?

これは母親として
当然の反応ですし
その怒りは、他人では無く
夫だからこそ
湧き上がるものです

この状況は
夫の不倫も同じく

タバコ同様
あなたが望んだものでは無い

夫自身の快楽の為に
あなたも子供も
不倫の受動喫煙を強いられ

その嫌な不倫の臭いは
あなたと子供の
髪や服にまとわり付き
逃げても逃げても
不快感で一杯になる

夫が興味本意で手を出した
ヤニカスのような女に
いつの間にか中毒となり
意志の弱い夫は
抜け出すどころか
そんな女に支配されている

もはや不倫ニコチン中毒の
ヤニカス夫に
どんなに全力で向き合っても

無駄

百害あっても一利なしの存在に
支配され、下僕となった夫には
取り上げようとする妻の存在が
邪魔で仕方がないだけです

例え、妻の煩わしさから
「もう別れたから」
そんなポーズをして
妻に隠れてコソコソと密会し
何食わぬ顔で帰宅したとしても

妻のあなたには
不快な不倫の臭いも
夫の言動の違和感も

丸々お見通しの筈です

妻として母親として
この辛い現実が
いつか終わるのを
子供を抱えたまま
じっと待っていても

受動喫煙と同じく
不倫を続ける夫とブス女の
汚い快楽の副流煙は

あなたと子供の心身を蝕み
この先にある筈だった
笑顔も、希望も、生きる喜びにも

絡みつき、逃げても逃げても
女の執念となり追って来る

ならば、あなたが
やらねばならない事は
逃げるのではなく
立ち向かう事のみ

夫を支配している
ブス女に辿り着き
取り上げ
踏み潰す

妻として母親として

「お前の存在こそが無駄‼️」

これをブス女に言わずに
晴れやかな未来など
来る訳が無い

そう腹をくくる時が
今なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA