夫とブス女が怖いのは、内容証明でも裁判でも無く妻の行動力

夫婦カウンセラーの平沢 藍です

 

夫の不倫に悩む方の中には

「弁護士に依頼しよう」

そう思う方も少なくありません

「内容証明を送りつければ
不倫相手の女は驚く筈」

「自分がどれだけの事をしているのか
わかって欲しい」

「女に謝罪させたい」

その気持ちは分からなくは
無いのですが

はたして、内容証明を
送り付けたところで
ブス女が恐れおののくのか?
と言えば答えはNOです

中には、内容証明を無視する
女さえいますし
例え裁判になろうとも
不倫する女は反省などしません

女からしたら
妻が弁護士に依頼した事で
妻自身の行動が制限されるのですから
女の生活圏は脅かされずに
安泰となります

その状況は、不倫している
夫と女からすれば
願ったりかなったりなのです

そして、女もすぐに弁護士を
立てて来る
その着手金の出所は
もちろんあなたの夫です

こうして互いに弁護士を
立ててしまえば

『弁護士を通して下さい!』

そう勝ち誇ったようにブス女は
言い放つだけです

あなたが弁護士を立てた事により
女と夫は
共同不法行為の共犯者として
「妻からの慰謝料請求裁判に勝つ」
ことを目標に
更に結束を固めるだけです

そこには
あなたが知りたかった
不倫に至った経緯も
女からの謝罪の言葉もありません

女の弁護士によって捏造された
安っぽいストーリーにより

妻がいかに悪妻だったのか
夫婦はすでに破綻していた
不倫などしていない

などと、呆れるほどの嘘を並べて
来るだけです

しかも、裁判ともなれば証拠が
鍵となりますから
妻側が、いかに戦える証拠を
掴んでいるかにかかって来ます

そして、ほとんどの場合
自分の弁護士からも裁判官からも
和解を勧められますから
よほど強い意志が無い限り
そのまま和解となり

気持ちの無い謝罪文と
少額の慰謝料が女から
(あなたの夫の財布から)
支払われ終結します

確かに、夫の不倫で
心が弱っているあなたが
弁護士に依頼すれば
心はいっとき楽になるでしょう

ですが、家族に決して
入ってはならない女の
嫉妬に歪んだ思考と
下品な佇まいさえ
あなた自身が知る事もなく

夫とブス女の不倫問題は
代理人同士のやり取りを経て
一区切りとなるのが現実です

 

弁護士に依頼する前に
妻がやるべき事は
実は沢山あります

そこをやり切ってから
弁護士にたどり着いても
遅くはありません

いいえ、そこをやらずして
弁護士に依頼しても
あなたの心の納得など
無い筈です

不倫に溺れるブス女は
弁護士からの内容証明や
裁判よりも

行動制限されていない
妻の行動力の方が
何倍も何十倍も怖い

その事実を、あなたが
1番に心に留めなくては

妻の気持ちを置き去りにしたまま
代理人同士のやり取りで

ただ、裁判が終結するだけで

夫と女の不倫が終わる事とは

別問題なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA