世間体を気にするより、世間の常識を味方に不倫に否を唱える自分になれ!

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

かつての私もそうでしたが
夫の不倫が発覚してから
あなたが最も気にすること

夫の不倫が世間に絶対に
バレるわけにはいかない!

という心理が働き
今まさに必死な方が
いるかと思います

『もし夫の不倫が
近所の人やママ友に
バレたらどうしよう!
バレないように
夫婦円満な演技をしなくちゃ』

『夫に離婚されたら
世間の目は
私や子供達に
厳しくなるはず!
実家の町内でも
出戻りと噂され
身内にまで
多大な迷惑をかけてしまう
ことだけは避けたい』

など
自分を見る世間の目が
常に頭から離れず
ビクビク生活し

『世間からどう思われているか』

を気にするあまり
夫が不倫女と一日も早く
別れることを強く望んで

不倫をやめてくれる方法や
夫を自分に振り向かせる術を探して

自分を殺してまでも
夫に対し不倫解決とは
真逆な
見当違いなことを
必死でやってしまうのです

夫の顔色を気にして
夫の機嫌を取るような
愛され妻をしたところで

夫はというと
妻の願いは到底届かず
世間体を気にする妻を
逆に、これ幸いと

『もう、夫婦は終わっている
おまえの今までの行いが
悪いんだから仕方ないさ』

『今頃になって
急に慌てて
甲斐甲斐しくしても
キモイだけ。
もう無駄だよ!
俺は俺の道を行く
勝手にやってろ!』と

オドオド自分の
顔色を見て
生活している

妻を横眼に
小バカにして

不倫をしたのは
妻が悪いからと
自分がしでかした
問題を自身に
都合よくすり替えて

どんどん妻を悪者だと
思い込みを激しくさせ

更に夫は
不倫を正当化して
大胆に密会を続けるのです

一方妻は
次第に酷くなる
夫の態度や逆ギレに

『やはり、夫が指摘するように
今まで私が至らなかったから
夫は自分に愛想つかし
不倫したのかもしれない』

『ここまで夫が夢中な
相手の女性はきっと素敵な女性なんだわ
私は魅力無くもう勝ち目はないのよ』

など
自身で決めつけ

自虐が止まらなくなり
余計に自分を責め

けれど
外では幸せな妻の演技をするので
内心では現実とのギャップに苦しみ

自分を更に追い込んでしまったり

必死で円満夫婦を演じて
不倫していることを
近所の人に隠しているにも関わらず

近所の人がいても
あからさまに夫は
冷たく無視してきたり

深夜や朝帰り、無断外泊を
堂々とされたり

知り合いがいそうな場所なのに
不倫女と密会していたり

近所の人に自分の不倫を隠す為
妻を下げて落とし入れるような
でっち上げの悪口を言いふらしたり

夫の世間や家族を気にしない
自分勝手な言動を目の当たりにし

今度は
夫の不倫を隠す以上に
自分に対しての
周りの視線が気になって
自分を苦しめ
自分で自分を弱らせてしまうのです

ここであなたに
気付いてほしいことがあります

弱った妻でいればいるほど
不倫を続けるには好都合と
夫と不倫女はグルになって
喜んでる実態があるのですよ!

そもそも
夫と不倫女は不倫の当事者です
妻はその二人の身勝手な不倫の
被害者なのです!

世の中の常識で見たって
明らかに妻であるあなたは
不倫の被害者と皆が思う認識を
あなたは強く持たなければならないのです

不倫夫と世間体ばかり
気にして生活していたら
自分の自信はどんどん喪失しますよ!

夫と不倫女に舐められていたら
不倫女は更に図々しくなり

加害者の不倫女が被害者面して
夫を奪う為に
夫を巧みに洗脳し
あなたの判断能力が
弱っている隙に
本気であなたの家族を
壊しにかかるのです

そうならない為にも
あなたが考えなければ
いけないことがあるのです

今の状況を打破する唯一の方法は
夫のことばかりを考えるのでなく
世間体ばかりを考えるのでなく

自分のことを自分が一番大切にして
自分にできることは何かを考える

ことが不倫問題は勿論のこと
人生を生きていくことにおいても
なにより重要なことなのです

あなたもきっと
自分のことを後回しな
生活をしていたことでしょう

自分を今まで
大切にしていなかったという
自覚があなたにあるのなら

今こそ妻のプライドを
呼び覚まし

世の中の常識を味方につけて

夫と不倫女に
『悪いことは悪い!』と
自分の納得に納得を重ねた行動をし
自分の正義感や倫理観を貫いて
ゲスな夫と不倫女に
レベルの差を見せるのです

自分を大切に自身で行動していくと
自ずと夫が自分の判断基準だった
狭い視野の自分から脱し

世の中を視野に置き
自分で直接
見て、触って、感じたもので
物事を判断し
人生を自分で選択し進んでいく
自分の確固たる自信が
備わっていくのです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA