ケータイを手放さない不倫夫はあざとい不倫女の操り人形になっている

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

『最近、夫の言動がおかしい。もしかしたら不倫しているかも?』

ある日、妻の勘が働き
違和感を感じた夫の言動のひとつに
夫のケータイの使用に変化が現れたことで
勘付いた人も多いはずです

かつての私も、夫が明らかに以前とは
ケータイの持ち方、使い方が変わったことで
不倫に気付きました

不倫以前の夫は
自分のケータイを居間の至る所に置きっぱなしで
通話やメール、ラインも家族の前でしていたし
家族にケータイを見られても平気で
待ち受け写真は子供の写真にしていたのに

ある日突然
ケータイを肩見放さず持ち歩くようになり
暗証番号設定にし、子供ですら触らせなくなり
ソファーでうたた寝している時は脇の下に挟み
寝る際には枕の下に入れるようになりました

そのわかりやすい態度に不倫が確信となり
探偵に調査依頼し、調査報告書で

不倫女に見せるデレデレな夫の姿を見て

『夫はこの女性を本気で好きなんだ。この女性は私より魅力的なんだ…』

と、自信を失くし
自分と家族の幸せが不倫女に奪われる不安に
日々怯えて苦しむ生活に落ちていったのです

でも、、、。

今だから、わかります!

夫が始終ケータイを手放さない本当の理由は

不倫女が自分の目の届かない家庭に戻った夫が
自分から気持ちが離れることを不安に思い
四六時中自分を忘れさせないよう
ケータイやラインを頻繁にするからなのです

しかも、決まった時間でなく無差別に!!

私達なら相手を気遣い決まった時間に連絡を取りますよね?

自宅に戻った夫にケータイを無差別にするのは
不倫女の歪んだ心ゆえなのですよ

今まで家族や彼から満たされた愛情を
受けたことがない不倫女は
常に愛情を求めているのに
愛そのものを受け取り、与えることを
知らないので信じることができず
自分が欲する愛情に不安があると
依存・執着を強く出すのです

不倫脳で通常の思考でない夫は

『こんなにも俺のことを愛してるんだ』

という男のプライドが満ち足りる反面

家族にバレたくないので
不倫女の無差別なケータイ連絡は物凄く動揺し
自宅にいる内はずっと気持ちが安らぐことができず
いつくるかわからない不倫女からのケータイ連絡に
ハラハラした気持ちでケータイを手放せないでいるのです

結局、不倫女の思う壺で夫は自宅でも良くも悪くも
不倫女のことが脳裏から離れず、そのうち脳が麻痺して

『◯◯がいつも頭から離れない。俺が◯◯にこんなに夢中になるなんて』

『家庭では俺は安らぐことができない。〇〇に癒されたいな』

『こんなに愛しい女とはもう出逢えない。絶対に失いたくない』

と、まんまと洗脳されて
夫は不倫女の自由自在な操り人形になっていくのです

いかがですか?

ケータイひとつとっても夫の情けなさ、不倫女の自信がないゆえに起こす
様々な嫉妬や執念の行動・心理を理解いただけたでしょうか?

夫も不倫女もいい大人です

人に依存して自分の幸せを得る生き方はそもそもおかしいのです

自分が自身を大切にして人に依存せず生きる

この生き方こそが幸せな人生を掴めるのです

『いい年のオッサンが操り人形で馬鹿みたい』

『こんな歪んだ不倫女に家庭を壊されてなるものか!』

と思ったなら

あなたも夫に依存する生き方はやめて

自分が自身を大切にする生き方で

妻のプライドを持ち不倫に立ち向かっていきましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA