不倫女の想像を絶する実態を探れ! 独身不倫女編 

 

夫婦カウンセラーの水上結友(みずかみゆう)です

夫の不倫で苦しんでいる相談者の方々は

『 あの時、私が夫の気持ちを
大切にしてあげられなかったから
不倫したのかもしれません 』

『 夫は私のことを
どう思っているのでしょうか? 』

と、不倫問題を
夫と自分だけの問題と捉えて
夫の気持ちを探ることばかりに
意識が集中してしまい

肝心な不倫の原因である不倫女を
ノーマークで視野に入れず
不倫問題を考えている方が沢山います

不倫女の執念や心理を一人で理解することは
確かにとても難しいことであることは
私もかつて経験したからこそわかりますが

『不倫女が夫を強く引っ張っている』

という現実を妻が早く気付いて
不倫女が夫をコントロール
していることを見抜き
不倫問題を現実的に考えられるよう

カウンセリングでは
妻にとってはできるだけ
自分の視界には入れることを避けたい
不倫女をあえて
不倫問題の中心に置くように

不倫女の恐ろしい、図々しい
執念や嫉妬から産まれる心理や言動を

自分や相談者仲間の
リアルな不倫女の経験談を交えて
繰り返し、繰り返しお話ししていきます

すると、相談者さん自身の思考に変化が出てきます

カウンセリングを重ねることで
「自分がこれ以上傷付きたくないから」
「自分自身に自信がないから」
という自己保守で
不倫女を視野から外していた
弱い心の自分とも向き合い

『 やっぱり妻の私が
不倫女に何もしない
なんてあり得ない!
私は何も悪くない!悪いのは不倫女!
絶対に不倫女を許さない! 』

『弱い心故に自分が自分で
真実を見ないよう騙していた。
そんな自分を変えたい!
強い自分で生きていかなければ!』

と、不倫問題を
『妻のプライド』を持って
自分の判断を信じて

自分しか不倫で苦しんでいる自分を
救うことはできないんだと気付き
不倫女と戦う強い決意をするのです

信じられない、あり得ない
嫉妬や執念を出してくる不倫女に

『夫婦を決して諦めない!』

と、ファイティングポーズで頑張ると決めた
あなたが負けない為に

本日と次回のブログで二回に分けて
不倫女のリアルな実態

『独身不倫女の場合』『既婚W不倫女の場合』
探っていきます

 

《 独身不倫女の場合 》

独身不倫女は既婚W不倫女よりも
元々が暇で孤独な為

不倫に夢中になると
夫が生活のすべてになり

夫に全エネルギーをかける
時間も暇も沢山あるので

自分都合でグイグイ不倫を進めていく
傾向があります

独身不倫女には

『過去に婚歴がない場合』

『離婚歴があり
子持ちの場合と子無しの場合』

が考えられます

婚歴がない不倫女の場合
夫より年下で若い不倫女が多く

既婚者の夫と不倫をしているのに
彼氏感覚で恋愛を楽しんでいる傾向があり

夫は自分が家庭があるのに
年下の不倫女と
不倫を続けている罪悪感から
不倫女のどんな我儘でも聞いて
言いなりになり
完全に不倫女に主導権を握られ
見え透いた泣き落としやおねだりに
振り回されていくのです

『離婚歴がある不倫女の場合』

婚歴なし不倫女と同様な心理に加え

寂しさを埋めたい

もう一度、女として扱われたい

経済的安定を求め男にすがりたい

という気持ちが強く出て
不倫に走る傾向があります

特に子持ちの不倫女
自分の子供までも巻き込み
そのまま、子供の父親になり扶養してもらい
自分が早く楽になりたいと目論見
凄まじいほどの執念を出してきます

独身不倫女と既婚W不倫女と違う点

自分の夫に知られたら困るという
歯止めがないので

不倫女は自分の勝手気ままに
ケータイやラインをしまくり
時に甘え、時に拗ねて
自分が会いたい時に夫を呼び出し

身軽さ故に夫の生活圏内に
土足で足を踏み込むように
平気な顔をして、ある日突然
「あなたともっと一緒に居たいから来ちゃった♪」と
自宅近くに引っ越してくる
頭がいかれた不倫女も沢山いるのです

夫を手放さない一心で
人の迷惑なんて微塵も考えない行動をし
夫を振り回し、夫の家庭を壊しにかかるのです

そこには罪悪感の欠片は毛頭ないのです

こんな守るものがない独身不倫女にも
弱みはきっとあります

不倫女が猫を被って生きている場所
両親が住んでいる実家や勤め先に

ベッキー不倫騒動のように
不倫女の実態を暴いて
世の中に悪事を知らしめるくらいのことを
妻のプライドで行動するべきなのです

そして不倫女を有責配偶者にし
夫と結婚できないリアルな現実を
妻のあなたが突き付けてやるのです!

それには相談者さんによって
不倫女の弱点、対処法、行動後の対応など違うので
カウンセリングでシュミレーションが必要です

不倫女に『悪いことは悪い!』
と妻の底力を見せつけることが
自分の自信にもなるのです!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA